アクセス解析でわかることは?サイト改善に必須のデータ活用のコツを解説!

「アクセス解析」はWebサイト運営においてこのツールは欠かせないものとなっています。

訪問者の動きやサイト内での行動、どのページが注目されているのか、これらのデータを手に入れることで、サイトの改善点や成功の秘訣を探る手がかりになるのです。

本記事では、アクセス解析の基本から、そのデータをいかに活用してサイトを最適化していくかのコツまでを詳しく解説します。

目次

アクセス解析でわかること

Webサイトの運用において、アクセス解析は非常に重要な役割を果たします。それを行うことで、サイト訪問者の動きや属性を把握し、サイト改善の方向性を明確にできます。

アクセス解析を活用することで、より効果的なWebマーケティングを実施することが可能です。以下では、アクセス解析を通じてどのような情報が得られるのか、その詳細を解説します。

Webサイトを訪れる「ユーザー」の情報

アクセス解析を利用することで、訪問者の多岐にわたる属性情報を具体的に把握することが可能です。具体的には、ユーザーの年齢、性別、地域、使用デバイス、利用しているブラウザ、訪問時間帯や曜日などの詳細情報がわかります。

これらのデータを正確に解析・活用することで、ターゲットユーザーの特徴や興味・関心を明確に捉え、それを基により効果的なコンテンツ作成や広告施策を立案・実施できます。

また、どのページが多くのページビューを獲得しているのかも確認でき、それを資料として登録・公開することで、内部のチームや関係者と情報を共有できるのです。

ユーザーのWebサイト上での「行動」の分析

ユーザーがWebサイトに訪れるときの具体的な行動や動線は、アクセス解析を通して綿密にトラッキング・分析可能です。

ユーザーが最初に訪れたページから、どの経路で最後のページまで辿ったのか、どのページが特に多くのアクセスを獲得しているのか、逆にどのページからユーザーが離脱しているのか、また滞在時間やページのクリック順序などの詳細な行動データをもとに、サイトのユーザビリティ改善やコンテンツの最適化の方向性を見定められます。

「コンバージョン」したユーザーの動き

特に重要なのが、コンバージョン(CV)を達成したユーザーの行動分析です。この分析を通して、成功の要因やキーポイント、そしてユーザーの真のニーズや動機を深く理解できます。

特定の製品ページやコンテンツがどれだけコンバージョンに効果的であるか、また逆にコンバージョンを妨げる障壁や要因は何か、といった点を明らかにし、それを基にサイト全体の最適化を進められるでしょう。

アクセス解析の必要性と結果からわかること

Webマーケティングでは「データ」が情報の中心として存在しており、特にアクセス解析は、そのデータの中でも特に重要な役割を果たしています。

ここでは、アクセス解析から得られる情報がサイト運営にどれほど影響を及ぼすのか、その必要性と結果の解釈方法について解説します。

サイトの課題

アクセス解析を活用することで、Webサイトに存在するさまざまな課題や問題点を具体的に特定できます。

例えば、多くのスマホユーザーが訪れるものの、平均滞在時間が非常に短い場合や、直帰率が高かった場合、サイトがモバイルに最適化されていない可能性が高いです。

また、特定のページの直帰率がほかのページと比較して突出して高い場合、そのページにユーザーが求める情報や価値が不足している可能性が考えられます。

このように、各種データからサイトの課題を洗い出し、それを基に改善策を考案することが求められます。

サイト改善のヒントや方向性

アクセス解析は、サイトの問題点だけでなく、改善の方向性やヒントも提供してくれます。データは孤立して存在するものではなく、相互に関連性を持っています。

例えば、SNSからの流入が多いのに滞在時間が短い場合、それはスマホでの表示に問題がある可能性が高いです。このようなときは、SNS広告を強化する前に、まずはモバイル最適化を行うことが先決となります。

実際に自分でスマホを使い、ユーザー目線でサイトを見てみることで、何が求められているのか、どのような問題が存在しているのかを理解できるでしょう。

アクセス解析を有効活用するコツ

Webサイトの成功は数値に裏付けされています。アクセス解析ツールは、これらの数値を提供してくれますが、どのようにこれらのデータを解釈し、有効に活用するかが重要です。

ここでは、アクセス解析を最大限に活用するためのいくつかの重要なテクニックについて詳しく説明します。

仮説を立てたうえで検証・改善を行う

アクセス解析のデータだけでは、サイトの問題点や改善の方向性を十分に把握することは難しいです。そのため、具体的な仮説を立て、その仮説に基づいてデータを解釈し、対策を実施するアプローチが必要です。

例えば、あるページの直帰率が高い場合、「コンテンツが不足している」「ページのデザインに問題がある」などの仮説を立てて検証します。

そして、これらの仮説に基づいて具体的な改善策を導入し、その効果を再度アクセス解析で確認することで、サイトの品質をステップバイステップで向上できます。

KPIを設定する

アクセス解析を行ううえで、KPI(主要業績評価指標)を設定することは非常に重要です。

KPIは、ビジネス目標に対する進捗状況を数値で示すもので、これによりサイトの現状や課題、改善の方向性が明確になります。

例えば、サイトの目的が「製品のオンライン販売増加」であれば、KPIとして「商品ページのPV数」や「購入完了数」などを設定することで、目標達成に向けた具体的な取り組みを計画できます。

CVが上がっているページを中心に分析する

アクセス解析において、「コンバージョン率」や「コンバージョンに至るまでのユーザーの動き」は非常に重要な指標です。

特にコンバージョン率が高いページは、サイト訪問者が求めている情報やサービスが効果的に提供されている証拠です。

このようなページを中心に分析し、その成功要因をほかのページにも応用することで、サイト全体のコンバージョン率の向上を目指すことが可能となります。

過去データと比較して分析する

アクセス解析を行ううえで、過去のデータとの比較は欠かせません。

特定の期間ごと、例えば月ごとや四半期ごとにデータを比較することで、サイトの成長の動向や、実施した施策の効果を明確に把握できます。

また、前年同月との比較など、長期的な視点での分析を行うことで、季節性やトレンドに対する影響も評価できます。

外部要因も考慮する

アクセス解析のデータは、さまざまな外部要因によって変動します。

例えば、市場の大きな動きや、競合他社のマーケティング活動、さらには社会的な出来事や経済状況など、サイト外部のさまざまな要因がアクセス数やユーザー行動に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、アクセス解析を行う際は、これらの外部要因も十分に考慮し、データの背景を理解することが重要です。

アクセス解析が正確にできないこともある

Webサイトの成功を測定するための主要なツールとして、アクセス解析は頼りにされています。

しかし、その結果は必ずしも100%正確ではありません。さまざまな要因により、データの正確性が低下することがあるのです。

ここでは、そのようなケースと、それをどのように回避・対処するかについて詳しく解説します。

自分のアクセス情報が含まれる

Webサイトのオーナーや運営者は、自身のサイトを頻繁に訪れることが多いです。

新しいコンテンツの追加や更新、レイアウトのチェックなど、さまざまな理由から自サイトへのアクセスが増えます。

この結果、自分のアクセス情報が解析データに含まれてしまうと、正確なユーザー行動の把握が難しくなり、社内で多くのメンバーがサイトを閲覧している場合、それらのアクセスも解析データに影響を及ぼします。

これを防ぐため、特定のIPアドレスをアクセス解析から除外する設定を行うことがおすすめです。これにより、正確な外部ユーザーの行動を把握できます。

アクセス解析されない設定をユーザーがしている

Webサイトのプライバシーやセキュリティに関心を持つユーザーは、ブラウザの設定や拡張機能を使用して、アクセス解析ツールの行動追跡機能を防いでいる場合があります。

このようなユーザーの増加を考慮すると、表示される解析データが必ずしもすべてのユーザー行動をカバーしているわけではないことを理解することが重要です。

しかし、これは避けられない現実であり、アクセス解析データを解釈する際にはこの点を考慮する必要があります。

無料で利用できるおすすめのアクセス解析ツール

アクセス解析は、Webサイトの効果測定や改善を行ううえで欠かせないものです。

多数のアクセス解析ツールが存在する中で、多くのWebマスターやマーケターが利用しているのは、無料でありながら高機能なGoogleの提供するツールです。

ここでは、特に初心者にも扱いやすく、高度な分析も可能な2つの無料ツールを紹介します。

Googleアナリティクス

「Google Analytics」は、企業や自社のWebサイトの訪問データを計測する際の不可欠なツールとして、多くの人々に利用されています。

ユニークユーザー(UU)、セッション、検索キーワード、そして各ページの滞在時間といった項目から、詳細なレポートを取得可能です。

さらに、CVRや成果の割合を把握するための機能も充実しており、連携することで変化を数字で捉え、集客の効率やアップの原因を検討できます。このツールの効率的な利用は、集客活動やマーケティングの成功に重要なのです。

Googleサーチコンソール

「Google Search Console」は、WebサイトがGoogle検索にどのように表示されているかを確認し、最適化するためのツールです。

アナリティクスがサイト内のユーザー行動を中心に解析するのに対し、サーチコンソールはGoogle検索との関連性を重視します。

このツールを利用すると、どのキーワードでどれだけの表示回数・クリック数があったのか、使用されているOSやデバイスの環境、またサイトの構造やモバイルの使用適合性など、検索エンジンにとってのサイトの健全性を確認できます。

特に、SEO施策を行ううえでの課題やチャンスを発見するために非常に有用なツールといえるでしょう。

アクセス解析でサイトの最適化を進めよう

アクセス解析はWebサイトの運営において重要なツールであり、訪問者の詳細な情報やその行動、さらにコンバージョンに至る過程を明らかにします。

この解析によりサイトの課題を明確に把握し、方向性や改善のヒントを得ることが可能です。

しかし、正確なアクセス解析を行うためには、自分自身のアクセス情報の排除やユーザーの設定に注意を払う必要があります。

無料のツールであるGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールも効果的に利用することで、サイトの最適化を進められるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次