【2023年最新】記事タイトルの文字数どうする?SEOに効果的な書き方も伝授します!

記事タイトルの文字数に悩んでいる人はいませんか?

SEO上で文字数にルールはないので正解はないものの、SEOに効果的な記事タイトルの書き方はあります。

そこで今回の記事では、記事タイトルの適切な文字数について解説します。

検索エンジン最適化のポイントを押さえながら、読者の興味を引く魅力的なタイトルの作り方を身につけましょう。

目次

記事タイトルの文字数は40文字前後にする

記事やブログのタイトルは、長すぎても短すぎても読み手には伝わりません。

以前は、PCでGoogle検索を行った際に表示されるタイトル文字数の上限である全角32文字が推奨されていました。しかし最近はスマホの普及に伴い、40文字前後が推奨されています。

ここでは適切な記事タイトルの文字数について掘り下げていくので、しっかりチェックしてください。

40文字前後なら伝えたい情報を入れられる

40文字前後という制約があっても、伝えたい情報を適切に表現することは可能です。

たとえば、

「時間管理術で効率アップ!仕事とプライベートの両立を実現する方法」
「効果的なストレス管理法をマスターしよう!」
「美味しいヴィーガンレストランを見つけよう!」

のように、記事を読めば何がわかるのか、自分の悩みや相談内容の答えがあるのかが一目でわかります。

そのため、40文字前後は目的を明確にし、キーワードやアクションを含めるのにちょうどよい文字数といえます。

短すぎると不自然なタイトルになる

タイトルが短いと重要なキーワードを適切に組み込むことが難しくなり、不自然なタイトルになりやすいです。その結果、検索エンジン最適化(SEO)の効果が制限される可能性があります。

たとえば「旅行」というタイトルでは、旅行に関する具体的な情報や魅力が不足しており、読み手にも検索エンジンに対しても十分な情報を提供できません。

短すぎるタイトルは読者の関心を引きづらく、情報の不明瞭さや魅力の欠如が問題となります。

Googleアルゴリズムは変化している

Googleは200以上の判定基準により検索結果を導き出しており、そのアルゴリズムは複雑で日々進化しています。目標は、ユーザーが探しているものにもっとも関連性の高いコンテンツを表示させることです。

Googleはユーザーが検索しているキーワードを含み、その情報に関連しているタイトルを評価します。そのような記事は、上位表示しやすい傾向にあることを覚えておきましょう。

SNSでの表示も考慮する

SNSプラットフォームでは、タイトルが一定の文字数でカットされることがあります。
そのため、カットされた部分までで意味がわかるようにすることが重要でしょう。

カットされない部分が重要なキーワードやポイントを含んでいれば、読者が興味を持ち、クリックして記事を読む動機づけになります。

たとえば、

「最新のテクノロジートレンド:AIの未来を探る!」 → 「最新のテクノロジートレンド:AIの…」

であれば、カットされていても何が記載されている記事なのかはある程度想像できますよね。このように要点を最初に持ってくることで、読者の注意を引きやすくなります。

記事タイトルがSEOで重要な理由

タイトルは「SEO=検索エンジン最適化」において、極めて重要な役割を果たします。

特にアフィリエイト運用やブログ運営をしている人にとっては、適切なSEO対策は収益に直結するといっても過言ではありません。

そのため、記事タイトルがSEOで重要な理由をしっかり確認しておきましょう。

検索順位に影響がある

適切かつ魅力的な記事タイトルは検索エンジンが高い評価をするため、ランキングに直接的な影響を与えます。そのため、適切なキーワードやフレーズをタイトルに組み込むことが重要です。

記事のタイトルをコンテンツの重要な一要素として扱うと、高順位を獲得しやすくなるでしょう。

クリック率に影響がある

魅力的なタイトルはユーザーの注意を引き、集客数の増加に寄与します。

基本的にユーザーが検索結果のなかから記事を選ぶ際には、最初にタイトルを目にするのではないでしょうか。魅力的なタイトル付けることで、サイトのアクセス数やクリック率の向上に貢献します。

それらはコンテンツの評価やランキングにも影響を及ぼし、上位表示を実現させることもあるでしょう。

記事タイトルをつけるときのポイント10選

記事のタイトルは、ただ40文字程度にすればよいわけではありません。

ここからは、より多くのユーザーにアクセスしてもらい、コンテンツの価値を最大限に発揮する記事タイトルの付け方のノウハウを解説していきます。

コツと注意点をしっかり押さえることでランキング上昇も期待できるので、ぜひ参考にしてください。

ペルソナの「言葉にできない思い」を表現する

目を引く奇抜なワードがなくても、検索結果で注目を浴びる記事タイトルは作成できます。

重要なのは「ターゲットユーザーが自然に口にする言葉」や「言葉にできない感情や思い」を表現できるかどうか。

ターゲットとする読み手が思っていることや悩み、願いを言葉にして伝えることで、クリック率は向上します。とはいえ、このような思いや願望をキーワードツールから見つけることは簡単ではありません。

そのため「教えて!goo」や「Yahoo!知恵袋」などのQ&Aサイトを調査したり「Twitter」「Threads」といったSNSを閲覧したりなど、利用者の本音や言葉づかいに耳を傾けることも有効です。

記事の内容を的確に表現する

記事の内容を的確に表現できれば、読み手のニーズや関心にマッチするコンテンツを示唆することができます。その結果、本文にも価値や信頼性を見出し、タイトルから内容ページに遷移していくでしょう。

具体的には、記事のテーマや対象読者に適した用語や専門用語を使用することがおすすめです。ただし、読者が理解できるように説明も忘れずに。

情報の正確性や専門性を示す一方で、わかりやすさも読み手にとっては重要です。

SEO対策を意識する

記事のテーマに関連するキーワードを記事タイトルに組み込むと、SEO対策にも効果的です。

たとえば「レシピ」に関する記事を書く場合、人気のあるレシピキーワードをタイトルに使用することで、検索結果に表示される可能性が高まるでしょう。

また「デトックスに効果的なレシピ」「ヴィーガンにおすすめ最新レシピ」など、具体的で興味をそそる表現はアクセス数増加にも寄与します。

検索エンジンでの上位掲載のためにも、これらの方法を組み合わせて記事タイトルを作成してみてください。

タイトルは2分割して考える

実践しやすい方法の一つは、タイトルを前半と後半にわけて設定することです。

前半の部分では選定したキーワードを使用して、記事の内容を的確に表現しましょう。これはSEO対策にも効果的です。

そして後半の部分では、読者が共感できる要素や解決策の未来を提示します。

「就活におすすめ!ChatGPTを使った履歴書の書き方」
「まだ間に合う!夏休みに泊まりたい沖縄ホテル10選」

前半と後半で役割を分担することでタイトルのリズムやテンポを整え、クリック率を向上させることが可能です。

WordPressで記事を入力する際にはタイトルタグとh1タグを使って、検索エンジン用のタイトルとユーザー向けのタイトルをわけてもよいでしょう。

キーワードの距離を考える

検索エンジンは、キーワードの距離が離れていると関連性が低いと判断する傾向があります。

たとえば、キーワード「若白髪  染める」の場合は2つの語句が含まれていますが、タイトル設定時にはできるだけ近くに配置しましょう。

「若白髪を染める疑問にお答え!努力せずに白髪を解消する3つの方法」
「徹底解説!若白髪を染める方法と注意すべき3つのポイント」

タイトルがより鮮明になり、キーワードの関連性を強調する効果が期待できます。また、具体的な情報や疑問形式を組み込むことで、読者の興味を引きやすくなりますよ。

ライバルとは異なる表現にする

競合と同じトピックやキーワードを扱う場合でも、ユニークな視点やアプローチを持つタイトルを意識しましょう。読者に新しい情報や視点を提供することで、競合と差別化を図ることができます。

また、特に強調したい要素や読者にもたらすメリットをタイトルに含めるのもおすすめ。ユーザーがサイトを選択する際に、ほかの競合記事よりも価値を感じることができるでしょう。

キーワードの詰め込みすぎに注意する

キーワードを文章に組み込む際には、自然な文脈の中で使用しましょう。

ツールから取得した検索キーワードを使いたくなる気持ちはわかりますが、詰め込み過ぎは意味が通じなくなる可能性があり逆効果です。

読み手がタイトルの意味を理解しやすいよう、キーワードを適切な場所に配置しましょう。そのためにも、文章の流れや意図を崩さずにキーワードを組み込むことが重要です。

強調記号は適切に使う

魅力的なタイトルにするためには、一目見て内容がわかる必要があります。
【】、「」、!、?、“ ”などの記号を活用することで、タイトルがわかりやすくなります。

【】は「」よりも強調するために使用しましょう。重要な箇所や結論部分に使うことが一般的です。

ただし【】を見出しに複数使用すると、読みづらく焦点がぼやけてしまう可能性があるため、注意も必要。【】を使用する場合は、1箇所に絞って強調するようにしましょう。

同じ言葉を重複させない

同じ意味やキーワードを重複させないことも大切です。重複すると読み手には冗長に感じられ、興味を失ってしまう可能性があります。

かわりに類義語などバリエーションのある言葉や表現を活用し、より多様性と魅力を持ったタイトルを作成しましょう。

「美しい自然風景を探索しよう」 → 「魅惑の自然風景を探索しよう」
「アフィリエイトに効果的なサイト制作とは?」→「アフィリエイトで勝てるサイト制作とは?」

冗長表現に注意する

冗長表現は、タイトルの効果を損なう危険性があるので避けましょう。そのためにも、簡潔で要点を的確に伝える表現を心掛けることが大切です。

不要な修飾語や重複した情報を省き、読者の関心を引く鮮やかな言葉やフレーズを選ぶようにしてください。

「驚くべき新しいガジェットの特長と魅力」 → 「魅力溢れる新しいガジェットの特長」
「Threadsの使い方を解説する記事」→「【最新】Threadsの使い方とは?Twitterとの違いも解説」

これらのポイントに注意することで、簡潔で効果的なタイトルが作成できます。

短すぎるよりは長いほうがよい理由

記事のタイトルはある程度の長さがあった方が、より具体的で魅力的な要素を盛り込むことができます。

タイトルで情報の充実度を示すことで、読者が興味を持ちクリックしやすくなる効果も期待できるのです。

タイトルは長い方がよい理由について、もう少し詳しく見ていきましょう。

魅力的なタイトルなら長くてもクリックされる

長いタイトルには具体的な内容やメリットを含めることができます。

読者はコンテンツが自分のニーズや悩み事にマッチするかどうかを判断し、記事をクリックします。タイトルに実績や変化のわかる数字が含まれていると、より具体的に感じられて説得力も増します。

タイトルを長めにすることで、読み手のニーズに関連するキーワードやフレーズを含めることができ、読者に対して詳細な情報やコンテンツの価値を伝えられるでしょう。

「健康的な食生活のための簡単レシピ集:バランスの取れた栄養素と美味しさを兼ね備えた料理アイデア20選」
「最新のデジタルマーケティングトレンド:AI、ビッグデータ、インフルエンサーマーケティングの活用方法と成功事例」

ほかにも、情報の信頼性や専門性を示す要素を含めることも可能です。

特に専門的なテーマや業界に関連するコンテンツでは、長いタイトルによって著者の知識や経験が伝わり、読者に信頼感を与える効果があるでしょう。

Web上での情報やブログ記事でも、権威性や信憑性はとても重要な要素です。タイトルから示唆できれば「どんなサービスを得ることができるのか」「自分を支援してくれる内容かもしれない」と興味を持つのではないでしょうか。

「プロのSE監修|7日間で学ぶフルスタックWeb開発」
「弁護士が教える離婚協議から裁判までの流れ」

狙ったキーワード以外でも流入が期待できる

実は意図的に含めたキーワード以外でも、読者にアピールすることは可能です。

たとえば「ベジタリアンレシピのアイデア10選」の場合、実はベジタリアンでない人も関心を持つ可能性があります。「健康な食事」や「新しい料理のアイデア」を探している人も、この記事に興味を持つかもしれません。

結果として、ベジタリアンレシピを求めるだけでなく、ほかのキーワードやトピックに関心を持つ読者も引きつけることがあるのです。

長すぎるタイトルにデメリットはある?

長いタイトルのメリットをお伝えしてきましたが、長すぎるのは要注意です。読みづらくなるだけでなく、情報の過剰さや複雑さが問題となることがあります。

そのためにも適切なバランスを保ちつつ、「この記事を読めば何がわかるのか」をタイトルで表すことが重要でしょう。ここではさらに、長すぎるタイトルのデメリットをお伝えしていきます。

省略される箇所によっては伝わらなくなる

GoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンやウェブブラウザは、タイトルが一定の文字数を超えると省略されることがあります。その結果、タイトルが完全に表示されない、重要な情報が切り捨てられるといった現象が起こりかねません。

もし、省略された箇所に重要なキーワードやメッセージが含まれていた場合、ターゲットに伝わらなくなることがあるので注意が必要です。

Googleによって改変されることがある

Googleは、検索結果ページでタイトルを表示する際に調整することがあります。検索クエリやユーザーの利便性を考慮したアルゴリズムによるもので、オリジナルのタイトルが異なる形式で表示されてしまうのです。

そのため、意図しない形でタイトルが改変され、検索結果のクリック率や表示の効果に影響を与える可能性もないとは言い切れません。

記事タイトルの文字数に関するよくある質問

最後に記事タイトルについての、初心者からの質問を見てみましょう。

日頃マーケティングやライティングを生業にしている人も、今一度確認しておくことで今後も適切なタイトル表示を実現できるでしょう。

「32文字が最適」とよくいわれる理由は?

前述したとおり、多くの検索エンジンやウェブブラウザはタイトル表示に一定の文字数制限を設けています。

以前、Google検索では、PCで表示されるタイトル文字数が全角32文字だったために推奨されていました。しかし最近はスマホの普及にともなって40文字前後がよいとされています。

推奨文字数は、ブラウザなどの環境によって変化するため、ユーザーがタイトルをしっかり把握できるように前半に重要なキーワードを配置するなどの工夫をしましょう。

PCとスマホではどちらを優先させるのがよい?

結論をいうと、PCとスマホの両方に対応するタイトルを作成することが理想的です。

ただ記事へのトラフィックの増加や、Googleの検索結果においてモバイル版を優先する施策導入などを考慮すると、スマホを優先させる方が効果的でしょう。

特にマーケティングにおいて、アクセス数やクリック数を目標に設定することは多く、達成するために施策をデバイスでわけることも少なくありません。そのため、いつでもどこでも情報検索できるメリットを活用するうえでは、まずスマホ上で適切に表示されるタイトルを作成してください。

ただし、PC利用者も依然として多く存在します。そのため、PCとスマホの両方を考慮してタイトルを作成することが望ましいでしょう。

まとめ

記事のタイトルを作成するにあたって大切なことは次の3つです。

  • 短いタイトルで重要な情報を伝えること
  • キーワードを適切に組み込むこと
  • タイトルがPV数やクリック率を向上させる魅力的な要素を持つこと

これらの要素をバランスよく考慮しながら、ユーザーの目を引く最適なタイトルを作成してください。

記事タイトルを変更する前と後とでは、月間アクセス数やPV数に変化が起こることでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次