ロングテールキーワードの選び方|失敗しないSEOを意識した調べ方と注意点まとめ

ロングテールキーワードは、SEO戦略において欠かせない要素の1つとして知られています。

しかし、ただ長いキーワードを選ぶだけでは十分な効果は得られません。正確にユーザーのニーズを捉え、競合から一歩先を行くキーワード選定が求められます。

本記事では、ロングテールキーワードの選び方の基本から、効果的なリサーチ方法、そして選定時のポイントまでを徹底解説します。

目次

ロングテールキーワードの選び方

Webマーケティングの一環として、SEOを意識したコンテンツ作成は欠かせません。

特に、ロングテールキーワードの選び方は、Webサイトのタイトルや見出しにおける成功の鍵を握る要素となります。

Web全体の施策の中で、どのようにキーワードを選べばいいのでしょうか。その手順と理由を具体的に解説していきます。

軸キーワードを決める

キーワード選定のスモールステップとして、最も重要なのは軸キーワードの確定です。この軸キーワードは、Webサイトや記事の中心的なテーマを反映し、ほかの関連キーワードの出発点となるものです。

例えば、健康食品を扱うオンラインストアがあるとしましょう。その場合、軸キーワードとして「健康食品」や「サプリメント」が適しています。

このキーワードを決めることで、SEO戦略の明確な方向性が決まり、それに関連する多くのサブキーワードを派生させられます。

関連キーワードの候補を集める

この軸キーワードをもとに、関連するキーワードのリストアップが必要です。

Googleのサジェスト機能や専門のSEOツール、そしてメディアの情報を駆使して、検索エンジン上での人気キーワードを探索します。

ユーザーの悩みや質問を理解し、どのような言葉で情報を求めているかを深く検討することで、的確なキーワードを調査できます。

検索ボリュームを調べる

関連キーワードを集めたら、次はその検索ボリュームの調査です。

Googleキーワードプランナーや各種SEOツールで、各キーワードの検索ボリュームと競合性、月間検索回数をチェックしましょう。

高い検索ボリュームを持つキーワードは、競合も多くなりやすいので、簡単な施策では上位表示への難易度が高く、手間と効果の適切なバランスや戦略性が求められます。

また、ニッチなキーワードでも安定したボリュームがあれば、それは大きなチャンスとなることも。

競合記事を調べる

次に、選定したキーワードで既に存在する情報や記事の内容をリサーチします。これにより、市場での需要や情報ギャップ、また競合他社の強み・弱みを把握できます。

どのような内容がユーザーに受け入れられているのか、どんな情報がまだ不足しているのかを把握することで、独自性を持たせた高品質なコンテンツの制作が可能です。

キーワードを整理する

集めたキーワードを効果的に活用するためには、整理が必要です。これにより、市場のニーズ、情報ギャップ、競合他社の強み・弱みを評価できます。

不要なキーワード、重複するキーワード、検索ボリュームが少ないキーワードなどを排除し、最終的には高ROI(高い投資利益率)を期待できるキーワードのリストを作成しましょう。

このリストは、今後のコンテンツ作成や広告キャンペーンの基盤として使用可能です。

優先度を決めて作成する

最後に、整理したキーワードリストをもとに、どのキーワードからコンテンツを作成するかの優先度を決定します。

検索ボリューム、競合の状況、および自社のビジネスやブランドの独自性を考慮し、最も効果的なキーワードから順にコンテンツ作成を行うことで、SEOの効果を最大化することが可能です。

ロングテールキーワードとは?

近年のSEOの世界では「ロングテールキーワード」が注目されています。これは、多くのユーザーが特定の情報を求めて詳細なキーワードで検索を行う現代において、非常に重要な役割を果たしています。

では、ロングテールキーワードとは具体的に何を指すのか、それがほかのキーワードとどう異なるのか。これらの疑問を解消していきましょう。

ロングテールキーワードの意味

「ロングテールキーワード」とは、一般的なキーワードよりも長く、特定の情報やニッチな内容を指す検索キーワードのことです。

具体的には、3語以上のフレーズや専門的な表現が含まれることが多くあります。

例えば、「ドレス」ではなく「ドレス 20代 パーティー」のように、より詳細な情報を求める検索クエリがロングテールキーワードです。

このようなキーワードは、1つ1つの検索ボリュームは少ないものの、合計すると大きなボリュームを占める特徴があります。

ビッグキーワードやミドルキーワードとの違い

ロングテールキーワードと対比される「ビッグキーワード」や「ミドルキーワード」は、それぞれ検索クエリの長さや範囲で異なります。

ビッグキーワードは一般的で広範囲なキーワードを指し、多くのユーザーによって検索されるキーワードで、「ドレス」のように広範な概念を意味するキーワードのことです。

一方、ミドルキーワードは中間的な範囲を持ち、例えば、「夏 ドレス」のようなものが該当します。ロングテールキーワードはこれらと異なり、特定のニッチな範囲を狙ったキーワードです。

ロングテールキーワードを選ぶメリット

ロングテールキーワードとは、短い一般的なキーワードよりも具体的で、検索回数は少ないが、特定のニーズを持つユーザーにマッチするキーワードのことです。

これには数多くのメリットがあり、SEO戦略の中心として取り入れることで大きな成果を期待できます。では、具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

検索上位を狙いやすい

ロングテールキーワードの最大のメリットの1つは、検索上位を狙いやすいことです。

一般的なキーワードでは、多数の競合企業や大手のサイトとの戦いが必要ですが、ロングテールキーワードは競合が少ないため順位改善が容易です。

また、具体的なキーワードをターゲットとすることで、ユーザーの悩みや求める情報に直接応えるブログやコンテンツを作成しやすく、これが質の高いトラフィックの獲得につながります。

コンバージョン率が高くなる傾向にある

ロングテールキーワードを使用することで、ターゲットとなるユーザーのニーズに直接応えることが可能です。

ユーザーが具体的に求めている情報やサービスに的確に応えることで、Webサイト訪問者の購入や問い合わせといったアクションにつながりやすくなります。

実際、多くのビジネスで、ロングテールキーワードからのトラフィックは高いCVR(コンバージョン率)を示しています。

安定した集客につながる

一般的なキーワードのトラフィックは、季節性や特定のイベント、トレンドに影響を受けやすいですが、ロングテールキーワードは、独自の専門性を持ち、常に一定の検索需要が存在します。

これは、特定のニーズを持つユーザーが季節やトレンドに関係なく検索を続けるためです。

そのため、ロングテールキーワードは一年を通しての安定した集客に直結するため、持続的なビジネスの成長に貢献します。

検索意図がわかりやすい

ロングテールキーワードの最大の魅力は、その具体性にあります。

一般的なキーワードでは広範な検索意図を持つユーザーが多いのに対して、ロングテールキーワードは特定の目的を求めるユーザーに焦点を絞ることが可能です。

これにより、コンテンツ制作時に、どのような情報やサービスが求められているのかを明確に把握することが容易となり、高いユーザーエンゲージメントやコンバージョンを実現できます。

音声検索に近くVSO対策になる

音声検索の増加とともに、自然な言葉での入力が増えてきました。スマートスピーカーやスマートフォンに搭載された音声アシスタントは、自然な言葉での問いかけを前提としています。

ロングテールキーワードは、その具体性から日常の会話文と一致することが多く、VSO(音声検索最適化)対策に最適です。

具体的なキーワード選定は、音声検索のユーザーにも的確に情報提供を行い、ビジネスの新たなチャンスを切り開く便利なツールとして注目されています。

ロングテールキーワードのデメリット

ロングテールキーワードは、SEO戦略の一部として非常に魅力的であり、多くの成功事例が報告されています。

しかし、その選び方や取り入れ方によっては、予想外のデメリットが発生することも。

このセクションでは、ロングテールキーワードの採用に際しての注意点やそのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

検索流入数が少ない

ロングテールキーワードの最大の特徴は、その具体性にあります。

しかし、この具体性が原因で、検索ボリューム自体が限られてしまう場合も考えられます。

一般的なキーワードと比べて検索頻度が低いため、多くの流入を期待するのは難しくなってしまうのです。

したがって、大量のトラフィックを短期間で獲得したい場合、ロングテールキーワードだけに依存するのは適切ではないでしょう。

類似コンテンツが増える可能性がある

ロングテールキーワードは競合が少ないとされる一方、その価値を認識するサイトが増えると、似たようなコンテンツが増えるリスクが存在します。

多くのサイトが同じキーワードに注目すると、差別化が難しくなり、ユーザーにとっての価値が低下してしまうことが考えられます。このため、定期的な市場調査と差別化戦略の策定が必要です。

大きな成果を出すには時間がかかる

ロングテールキーワードの特性上、短期的かつ爆発的な効果は期待できません。

確かに競争が少ない分、上位表示のチャンスは高まりますが、1つ1つのキーワードに対するトラフィックは限られています。

そのため、多数のロングテールキーワードを戦略的に取り入れ、継続的にコンテンツを更新し続けることで、中長期的な視点での安定した成果を期待する必要があります。

ロングテールキーワードの選定に役立つ無料ツール

ロングテールキーワードの選定は、SEO戦略を成功させるうえで非常に重要です。

しかし、適切なキーワードを見つけるのは容易ではありません。そこで役立つのが、無料で利用できるキーワードリサーチツールです。

以下では、ロングテールキーワードの選定に役立つ代表的な無料ツールをいくつか紹介し、それぞれの特徴や活用方法を解説します。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google Adsの一機能として提供される主要なツールで、マーケターやSEOエキスパートに広く利用されています。

新しいキーワードのアイデアを抽出するだけでなく、予想される検索ボリュームや競合度合いも比較可能です。

特にキーワード選定の際には、このツールからの資料としてのデータは目安となり、非常に価値があります。

また、広告キャンペーンの計画や運用段階で、予算や入札価格のシミュレーションも可能です。

このような複数の機能を内部で利用できるため、戦略的なキーワードリサーチやキャンペーンの設計には欠かせないツールとなっています。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、サイトの検索パフォーマンスを分析するためのメインツールですが、キーワードリサーチにおいても非常に有効です。

特に「パフォーマンス」のセクションを利用すると、実際にユーザーが使用してサイトにアクセスしてきたキーワードの情報を抽出でき、これらのデータはキーワードのリライトやコンテンツ構成の参考になります。

また、このツールを活用することで、サイト内部のキーワード運用や検索順位の改善についての方向性を明確にできます。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、日本国内のキーワードリサーチに特化した無料ツールで、特定のキーワードに関連するロングテールキーワードを豊富に提案してくれます。

ユーザーはこのツールから関連キーワードを複数抽出し、それらの検索ボリュームや競合情報を比較できます。

この種類の情報は、日本の検索環境における戦略の構築やコンテンツのリライトの際の資料として非常に有益です。さらに、ユーザーフレンドリーなデザインで、初心者でもすぐに運用を開始できる点も魅力の1つです。

ロングテールキーワードで売上を伸ばそう

ロングテールキーワードの戦略的な選定は、SEOの成功を大きく左右します。その特性から、具体的なニーズを持つユーザーをターゲットとして、高いコンバージョン率を実現することが可能です。

適切なツールを活用し、ユーザーの実際の検索動向を把握することで、自社サービスや商品に最も適したキーワードを見つけ出しましょう。

本記事を活かして、ロングテールキーワードの力で、より質の高いトラフィックを獲得し、売上へとつなげてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次