オウンドメディアとホームページの違いは?圧倒的な集客力が理解できるポイントまとめ

オウンドメディアとホームページの違いは、それぞれを作る目的にあります。

一般的にホームページは、自社の魅力を伝えるために作られますが、オウンドメディアはWebマーケティングへの活用が主な目的です。

では、オウンドメディアはどのようにマーケティングに活用すればよいのでしょうか?

オウンドメディアで集客力を高めるポイントを解説します。

目次

オウンドメディアとホームページの違い

意味が混同されがちなオウンドメディアとホームページですが、実はこの2つは役割や定義が異なります。

ではそれぞれどのような役割をもって作られるのでしょうか?

オウンドメディアはマーケティングの活用がメイン

オウンドメディアは、自社のWebサイトやブログで生活のお役立ち情報をコラム記事などで発信し、記事内に商品やサービスへの導線を作ることでマーケティングに活用します。

例えば、Webサイト作成会社のオウンドメディアなら「ホームページの作り方」というテーマで作った記事内で、「ホームページ作成は外部発注できる」という情報から自社サービスへの誘導が可能です。

このように、ユーザーが興味をもつコンテンツを作成して掲載することで、商品・サービスの購入や認知に誘導することがオウンドメディアの目的です。

ホームページは自社の情報公開が目的

ホームページでは、会社概要や事業内容などを公開し、企業を知ってもらうことが目的です。

採用情報などを掲載して人材確保を図ったり、投資家や株主に向けたパンフレットとしての役割も担います。

扱う商品やサービスの魅力も発信し、問い合わせ窓口やよくある質問の設置などの顧客サポートも徹底することで、企業のイメージアップの目的も兼ねています。

そもそもオウンドメディアの目的は?

SNSや動画配信などを使っても商品やサービスの宣伝が可能な昨今で、オウンドメディアが選ばれる理由はどこにあるのでしょうか?

ここでは、オウンドメディアを利用するときの主な目的についてくわしくご紹介します。

潜在顧客との接点

潜在顧客とは、将来的に顧客になり得るユーザーのことをいいます。

既存顧客とは違い、商品の魅力やサービスの存在・魅力を知らない状態なので、オウンドメディアで商品・サービスに関わる情報を発信して認知度を高めます。

例えば、化粧品会社のオウンドメディアなら、スキンケアに興味のあるユーザーをターゲットに「おすすめのスキンケア方法5選」などのコンテンツを作成し、ユーザーの興味を引くところからはじめます。

興味を持ったユーザーがオウンドメディアを閲覧すれば、企業との接点ができるので、そこから商品・サービスの新規顧客獲得も狙えるのです。

コンバージョンやリードの獲得

潜在顧客との接点ができたら、コンバージョン(ユーザーが起こした購入などのアクション)や見込み顧客(リード)の獲得が可能です。

商品ならば購入、サービスなら登録などのコンバージョンに誘導できる導線をコンテンツ内に置きましょう。

例えば、コンテンツ制作代行会社が「SEOに強いコンテンツの作成方法」というテーマで記事を書いたとします。

文章内で「コンテンツを代行するメリット」を紹介した流れで、サービスの紹介を入れれば、自然に登録を促す導線が作れます。

登録まではいかなくとも、資料請求という選択肢も作っておけば、「詳しく知ってから登録したい」という見込み客も獲得できるのです。

企業がオウンドメディアを運用すべき理由

マーケティングへの活用や新規顧客獲得に有用なオウンドメディアは、企業におすすめです。

では、なぜ企業にオウンドメディアがおすすめなのかを解説していきます。

自社サービスの強みがアピールできる

自社サービスの強みをアピールできるようなコンテンツの構成にしておけば、他社にはないサービスの魅力を、さりげなくユーザーに伝えられます。

例えば、低価格が売りのパーソナルジムを運営する会社の場合、ユーザーの興味を引くために「パーソナルジムの価格相場」の記事を書いたとします。

パーソナルジムは全体的に利用料金が高い傾向にあることをアピールしつつ、「なかには安く利用できるジムもある」ということを伝えれば、料金が高い他社と比べた自社の強みをアピールできるのです。

オウンドメディアを活用することで、「自社のサービスの方が他社より優れている」ということを間接的にユーザーに宣伝できます。

ユーザーをファン化できる

オウンドメディアでニーズの高い情報を発信し続けることで、ユーザーのファン化が可能です。

オウンドメディア内の情報が多く、質が高いほどユーザーの信頼度は上がり、企業に対するイメージもよくなるので自社のファンが増やせます。

さらに、リードを新規顧客に育成するリードナーチャリングにも活用が可能です。オウンドメディア内で提供する情報から、商品・サービスに興味を持ってもらい、購入や登録につなげられます。

自社ブランディングの構築につながる

オウンドメディアは、自社ブランディングの構築にも役立ちます。

コンテンツの内容を通して、企業の考えをユーザーに伝えられるので、他社にはない自社の魅力や特徴を印象付けられるのです。

そのために重要なポイントが、競合サイトの分析やターゲットの設定です。どうすれば他社との差別化を図れるのかを考えて、コンテンツの作成を行いましょう。

コンテンツが資産になる

一度作成したコンテンツは持続的な集客効果が期待できるので、企業にとって資産にもなります。

オウンドメディアで新しい情報を発信し続けることで、ファン化したユーザーはもちろん、新しいリードの獲得も期待できます。

コンテンツ制作を続けることは簡単なことではありませんが、ユーザーのニーズを把握しながら情報発信を続けていけば、多くのユーザーに企業を知ってもらえるのです。

SNSを活用した情報拡散ができる

オウンドメディアは、SNSによる情報拡散も可能です。

現代人の主要なコミュニケーションツールとして浸透しつつあるSNSは、国内外問わず世界中のユーザーとつながれるところが魅力です。

SNSのなかには拡散機能がついているものもあり、拡散したアカウントのフォロワー数によっては、数分で100万人以上のユーザーに広まる可能性もあります。

例えば、企業のオウンドメディアで発信している情報の一部を投稿し、「くわしく知りたい人はこちら」というようにオウンドメディアへのリンクへ誘導もできます。

現代社会で圧倒的な拡散力を誇るSNSでの宣伝が可能なところも、オウンドメディアの強みといえるでしょう。

広告費を削減できる

オウンドメディアでは、商品・サービスのアピールや宣伝が可能な分、広告費の削減が可能です。

TVCMや雑誌への掲載を依頼しなくとも、自社で運用しているオウンドメディアを活用すれば、ユーザーへの宣伝は十分にできます。

さらにSNSも併用すれば、若者のTV離れが加速している昨今、CMや雑誌以上の宣伝効果が期待できるでしょう。

広告費が削減できる分、余った予算は商品・サービスの品質向上に回せるので、一石二鳥のメリットがあります。

オウンドメディアのデメリット

企業にとって、広告費削減や継続的な集客効果などのメリットの多さに対して、デメリットもあります。

効果が出るまでの期間がかかる

オウンドメディアを始めてすぐに集客などの成果が得られるわけではありません。

オウンドメディアで扱う情報を充実させ、ユーザーからの信頼度や認知度が上がって初めて効果が実感できるのです。

どんなに短くとも半年、場合によっては1年~2年以上の長期戦を覚悟しておきましょう。

諦めずにSEO対策などを徹底しながら、情報発信を続けていけば、いずれ新規顧客の獲得も目指せます。

メディアの運用管理にリソースが必要になる

オウンドメディアの運用には、さまざまなリソースが必要になります。

まず、オウンドメディアを立ち上げる段階で、Webサイトに関する知識と技術を持ったエンジニアやデザイナー、プログラマーが必要です。

無事オウンドメディアが構築できた後も、コンテンツの企画・作成・マーケティングやSEO対策を考える人材を確保しなくてはいけません。

1つのコンテンツを作るだけでも多くのリソースが必要になることを理解しておきましょう。

オウンドメディア運用のポイント

オウンドメディアの効果を効率的に得るためにも、運用のポイントを押さえておきましょう。

目的を明確にする

オウンドメディア作成時には、あらかじめ目的を明確にしておくことが重要です。目的を明確にしなくてはターゲットやペルソナの選定も難しくなります。

事前に「誰にどのような行動を起こしてもらいたいのか」を決めておき、目的に合わせたコンテンツ作成を行いましょう。

例えば、「Webサイトの作成を検討している人」に、「作成代行サービスの契約」をしてもらいたいならWebサイト作成にフォーカスした情報発信が有効です。

目的を明確化しておくことで、ターゲットだけではなく、作るべきコンテンツの傾向も見えてきます。

適切な戦略設計を実施する

オウンドメディアは基本的に長期的な運用が必要なため、適切な戦略設計を実施する必要があります。

どのようにユーザーの興味を引くのか、ユーザーの興味が引けたらどのように購入や資料請求などの目的達成に持っていくのかを、細かく計画しましょう。

まずは、オウンドメディアの存在を知ってもらうためにアクセス数の増加を図る必要があるので、SNSでの宣伝方法や検索エンジンによる検索結果の順位を上げるための戦略や施策から考えるのがベターです。

ユーザー視点を意識する

作成したコンテンツを読むユーザーの立場になって、「情報はわかりやすいか」「ニーズに沿っているか」などを意識しましょう。

発信する情報の数を増やしたり長期にわたって運用したりしても、一方的に商品・サービスの魅力を発信するだけではユーザーに伝わりませんし、ファン化も期待できません。

「どうしたらユーザーの購買意欲が湧くか」などを考え、「この商品・サービスを利用するとこんなメリットがある」ということを伝えましょう。

オウンドメディアと他媒体との違い

オウンドメディアのほかに、アーンドメディアやペイドメディアのようなWeb媒体も存在します。

これら3つは何が違うのでしょうか?それぞれの特徴について解説します。

アーンドメディアとの違い

アーンドメディアは、オウンドメディアに至るまでの過程のことをいいます。

有料広告からのオウンドメディアへのアクセスではなく、レビューサイトでの評価やメディア掲載されることで興味をもったユーザーがオウンドメディアにアクセスした場合、これらのサイトはアーンドメディアということになります。

SNSがアーンドメディアになる場合もあり、企業や商品に関する投稿が注目を集めたことをきっかけに、企業のオウンドメディアに興味を持ってもらえるのです。

要するに、アーンドメディアはユーザー側が意図せず作った、企業のオウンドメディアへ流入するコンテンツです。

ペイドメディアとの違い

ペイドメディアは、有料の宣伝方法を使ってオウンドメディアに誘導することをいいます。

オウンドメディアというゴールまでの過程という点ではアーンドメディアと同じですが、無料のアーンドメディアに対して、ペイドメディアは費用がかかります。

TVCMやインフルエンサーへの商品紹介依頼などの、有料マーケティングを依頼した場合はペイドメディアです。

アーンドメディアの作り手が企業とは無関係のユーザーであるのに対して、ペイドメディアは企業から制作を依頼されたコンテンツということです。

オウンドメディアに関するよくある質問

マーケティングにも使えるオウンドメディアに関して、わからないことや悩みが多い方もいるのではないでしょうか?

そこで、オウンドメディアについてよくある質問と回答をご紹介します。

オウンドメディアとSNSの違いは?

オウンドメディアとSNSの違いは、それぞれの目的にあります。

オウンドメディアは、ユーザーが求める情報を発信して商品の購入や、企業のブランディングを目的としています。

それに対してSNSは、ユーザーが求める情報を発信するところまでは同じですが、目的はオウンドメディアへの誘導です。

オウンドメディアは商品の宣伝、SNSはそのオウンドメディアにユーザーを誘導するための導線です。

オウンドメディアの成功とSEOの関係性は?

オウンドメディアを成功させるために、SEO対策は重要なカギとなります。

オウンドメディアの目的である商品の購入や、企業のブランディングなどの目的を達成させるためには、まずユーザーにオウンドメディアの存在を知ってもらわなくてはいけません。

そこで役立つのがSEO対策です。Googleなどの検索結果の順位を上げれば、多くのユーザーの目に入りやすく、オウンドメディアの認知度も高くなります。

さらに、検索結果の上位を目指すためには、発信する情報の質を高める必要がありますが、改善を積み重ねることでユーザーからの信頼度向上も期待できます。

SEO対策とオウンドメディアは、目的達成のために切っても切れない関係にあると思ってよいでしょう。

オウンドメディアで新規顧客を獲得しよう

有益な情報でユーザーの興味を引き、自社商品やサービスのアピールができるオウンドメディアは、マーケティングを行ううえで欠かせない存在です。

ただし、短期間での成功はあまり期待できないので、長期的な戦略として考えておきましょう。

オウンドメディアを活用すれば、新規顧客の獲得や広告費削減などの多くのメリットがあるので、気長にコツコツと続けることが成功のカギです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次