【メタタグの書き方】SEOに与える影響は?初心者にもできる失敗しない設定方法

SEO効果を高める「メタタグ」は、検索エンジンにどのようにページを解釈させるか、ユーザーの目にページの概要などがどのように表示されるかを大きく左右します。

「メタタグの書き方」をマスターすることで、自社のWebページが検索エンジンでより適切に評価され、結果的にそのページが多くのユーザーに届くことでしょう。

本記事では、メタタグがSEOにどのような影響を与えるのか、そして初心者でも簡単に、しかも効果的にメタタグを設定する具体的な方法などをわかりやすく解説します。

目次

メタタグの書き方

メタタグは、Webページの内容や性質を検索エンジンに伝えるための重要な要素です。

正しく設定することで、検索エンジンの評価を高めるだけでなく、ユーザーが検索結果からクリックする確率もアップします。

ここでは、メタタグの設定方法やその重要性について詳しく解説します。

メタタグは簡単に設定できる

メタタグはSEOやマーケティングにおける成功の鍵となりますが、設定が難しそうと感じる方もいるでしょう。

しかし、メタタグは簡単に設定できるツールであり、特定の属性やcontentの情報を指定することで、モバイル端末やPCでの表示を改善し、アクセス解析のための設置が行えます。

直接的なコードの記載だけでなく、テキストベースの入力でも管理が可能です。

メタタグの確認方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

あわせて読みたい
【メタタグ確認方法】SEOに重要なタグと検索エンジンに好かれる設定方法 検索エンジン最適化(SEO=Search Engine Optimization)を考えるうえで、Webページのメタタグ(metaタグ)設置は重要な要素です。 本記事では、メタタグの役割やSEOに...

HTMLに直接書き込む

HTMLに直接メタタグを書き込む方法は、Webサイト制作の基本です。

例えば、viewportを指定してスマホやタブレットでの表示を最適化する場合、以下の形で記述します。

<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">

また、文字コードutf-8を使用すると、日本語テキストの文字化けを防げるため、以下のように指定するのが一般的です。

<meta charset="UTF-8">

WordPressのプラグインを活用する

WordPressを使用している場合は、専用のプラグインを活用することで、簡単にメタタグを設定できます。

特に「Yoast SEO」や「All in One SEO Pack」などのプラグインを使えば、直接HTMLを編集することなく、OGPタグのURLやimageを指定することで、SNSでのシェア時の表示をコントロール可能です。

管理画面からメタタグの設定が行えます。これにより、初心者でも手軽にSEO対策を実施することが可能です。

メタタグとは?

メタタグ、またはmetaタグとは、Webページ内のHTML(特にHTML5)のマークアップ(文章の構成や装飾、レイアウトなどの指定)における重要な部分です。

このメタ情報は、Googleやほかの検索エンジン、ブラウザへの指示や認識のための情報として設定されるもので、全体のSEOの流入や上位表示を左右する要素として機能します。

主に、ページのtypeやpropertyとしての説明、キーワード、著者情報など、さまざまな種類の項目を定義するために使用されます。興味深いことに、これらのメタデータは、普段私たちがサイトを訪れる際、直接目にすることはありません。

しかし、背後で検索エンジンやブラウザの判断に影響を与えています。正確なメタタグの設定は、検索エンジンがページの概要や内容を適切に理解し、それをユーザーに提供するためのキーポイントです。

無料で利用できる分析ツールを使って、どのようなメタ情報が適切かを確認・登録することで、SEOの効果を最大限に引き出すことが可能です。

メタタグの確認方法

メタタグはWebページのバックエンドに存在し、通常のブラウジングでは直接目にすることはありません。

しかし、正確なメタタグの設定はSEO対策の要となるため、その確認方法は知っておくべきです。

まず最も基本的な確認方法は、ブラウザでWebページを表示させ、右クリックをして「ページのソースを表示」や「ページソースの表示」を選択する方法です。

これにより、HTMLコードが表示され、その中の<head>セクション内を見ることでメタタグの内容を確認できます。

また、専用のツールも利用可能です。例えば、Google Chromeの拡張機能である「META SEO Inspector」といったツールを活用すると、Webページで拡張機能のアイコンをクリックするだけで、メタタグの内容を簡単にチェックできます。

正確なメタタグの設定は検索エンジンの評価を向上させるため、定期的にその内容を確認し、適切な情報が記述されているかをチェックすることが重要です。

SEOに与えるメタタグの影響

メタタグは、検索エンジンがWebページの内容を適切に理解するための重要な要素です。正確に設定されたメタタグは、検索結果の表示やページのインデックス状態に大きく影響します。

ここでは、SEOに与えるメタタグの具体的な影響について詳しく見ていきましょう。

ページの内容を検索エンジンに正しく伝える

「meta description」や「meta keywords」といったメタタグは、Webページの中心となる内容やテーマを検索エンジンに伝達する役割を持っています。

これらのタグが正確に設定されていると、検索エンジンはそのページの内容を適切に解釈し、関連する検索クエリでの表示が期待できます。このような正確な情報の伝達は、SEO効果の最大化につながるでしょう。

クリック率向上につながる

検索結果画面で、ユーザーが目にする情報として「title」や「meta description」は非常に重要です。これらの情報は、メタタグを通じて検索エンジンに提供されます。

魅力的で関連性の高いタイトルや説明文を持つページは、高いクリック率を達成する可能性が高まります。

ただし、検索エンジンはユーザーの検索クエリに最も適した情報を表示するため、常に指定したmeta descriptionが使用されるわけではありません。

インデックスをコントロールできる

メタタグには、検索エンジンがページをインデックスするかどうかを制御する「meta robots」タグもあります。このタグを使用すると、「index」や「noindex」といった指示を出せます。

特定の情報を検索エンジンから隠したい場合や、重複コンテンツを避けるために「noindex」を指定するなど、クローラーの動きをある程度コントロールすることが可能です。

ただし、誤った指示はSEOに悪影響をもたらす可能性があるため、使用する際には注意が必要です。

SEO対策に役立つメタタグ一覧

メタタグはWebページのSEOに大きな影響を与える要素として知られています。正確なメタタグの設定は、検索エンジンがページの内容を適切に解釈するために重要です。

ここでは、SEO対策に特に役立つ主要なメタタグをピックアップし、その重要性や設定方法について詳しく解説します。

メタディスクリプション

メタディスクリプションは、Webページの簡潔な説明を提供するためのタグです。この説明は、検索結果ページでのスニペット(要約文)として表示されることが多いです。

魅力的なディスクリプションを設定することで、ユーザーのクリック率を向上させる効果が期待できます。

ただし、検索エンジンはユーザーのクエリに応じて最適な内容を表示するため、常に指定した内容が表示されるわけではありません。

タイトル

タイトルタグは、Webページの主題を示す重要なメタタグです。このタグは、検索結果ページやブラウザのタブに表示されるページのタイトルとして利用されます。

適切に設定されたタイトルは、ページの内容をユーザーと検索エンジンに明確に伝える役割があり、SEOの観点からも非常に重要です。

このほかにも記事の見出しとして使われるh1タグも重要な要素の一つです。

サイトに訪れた読者が最初に見るタグなので、以下の記事で正しい使い方を理解しておきましょう。

あわせて読みたい
h1タグを使わないとどうなる?SEO効果に影響は?理想的な使い方と注意点 h1タグは、記事の大見出しとしてサイトに訪れた読者が最初に見る最も重要な要素の一つです。 SEOにも影響を与えるとされるh1タグですが、その正しい使い方や本当の役割...

文字コード

文字コードタグは、Webページの文字エンコーディングを指定するためのメタタグです。通常、「UTF-8」が多くのサイトで使用されています。

正しい文字コードの指定は、文字化けを防ぐだけでなく、検索エンジンがコンテンツを正しく解析するための重要な要素となります。

特に、多言語対応のサイトや日本語を含むページでは、この設定が欠かせません。

ビューポートタグ

ビューポートタグは、Webページがモバイルデバイス上でどのように表示されるかを制御するメタタグです。

スマートフォンやタブレットなどのデバイスでの閲覧に適したデザインを保つためには、このタグの正確な設定が欠かせません。

特に、レスポンシブデザインを採用しているサイトでは、適切なビューポートの指定が必須となります。これにより、ユーザビリティの向上とともに、モバイルフレンドリーなサイトとしての評価も得られるでしょう。

OGPタグ

OGP(Open Graph Protocol)タグは、SNSでのページのシェア時にどのように表示されるかを定義するメタタグです。

タイトル、説明、画像などの情報をOGPタグで設定することで、FacebookやTwitterなどのSNSでのシェアが魅力的になり、クリック率の向上が期待できます。

このタグの適切な設定は、SNS経由のトラフィック増加を促すために重要です。

noindex・nofollow

「noindex」と「nofollow」は、検索エンジンのクローラーにページのインデックス作成やリンクのフォローを制御する指示を出すメタタグです。

例えば、一時的に公開したくないページや、SEO上の評価を分散させたくないリンク先にこれらのタグを使用することで、検索エンジンの評価をコントロールできます。

ただし、これらのタグの不適切な使用はサイトのSEOに悪影響をもたらす可能性があるため、使用する際には注意が必要です。

メタタグを書く際の注意点

メタタグはWebページのSEO効果を高めるための重要なツールであり、適切な設定はページの検索エンジン評価を大きく向上できます。

しかし、不適切な設定や誤解に基づく使用は、逆にSEOへの悪影響を及ぼす可能性もあります。以下、メタタグを書く際の主な注意点を挙げてみましょう。

過度なキーワードの使用

「meta keywords」タグに多数のキーワードを詰め込むことは、かつてはSEO効果があるとされましたが、現在ではスパムとみなされることが多いです。

必要なキーワードのみを選択し、自然な形で取り入れるよう心掛けましょう。

重複する内容の記述

タイトルやディスクリプションがページごとに重複していると、検索エンジンがコンテンツを適切に評価するのが難しくなります。

各ページに合わせたユニークな内容を記述することが重要です。

過度な長さのディスクリプション

メタディスクリプションは、適切な長さであることが求められます。あまりに長いと、検索結果に全文が表示されず、意味の切れた文章としてユーザーに表示されてしまう可能性があります。

過度な制御指示

「noindex」や「nofollow」などの制御指示を過度に使用すると、検索エンジンがページの内容を適切にインデックスできなくなることがあります。必要な場合にのみ、これらの指示を使用するようにしましょう。

正しい知識と理解をもとに、メタタグを適切に設定することで、サイトのSEO効果を最大限に引き出せるでしょう。

メタタグの書き方まとめ

メタタグはSEOに大きな影響を及ぼす要素です。正確な設定によって検索エンジンがページの内容を適切に解釈し、それが高い検索エンジンの順位やユーザビリティの向上に直接効果があります。

特に、「meta description」や「title」タグは、検索結果の見える部分を形成し、ユーザーのクリック率を向上させる役割を持っています。

一方で、「noindex」や「nofollow」のような指示はページの表示を制御し、SEO評価を最適化するためのツールとして活用可能です。

しかし、これらのタグの設定を誤ると、ページのSEO評価に悪影響を及ぼす可能性もあるため、正しい知識と手法での設定が求められます。

初心者であっても、適切なガイダンスとツールを使用すれば、失敗せずにこれらのメタタグを効果的に設定できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次