オウンドメディアの立ち上げ手順は?事前に押さえておきたいポイントを全力解説!

オウンドメディアの立ち上げは、ビジネスの成功を大きく左右する重要なステップです。

しかし、これを成功させるためには、ただコンテンツを書いて公開するだけでは不十分な可能性があるため、適切な事前準備と深い知識が必要です。

特に制作会社に依頼を検討する前に、自らが押さえておくべきポイントが数多く存在します。

本記事では、オウンドメディア立ち上げの手順と、事前に理解しておきたい要点を詳細に解説します。

目次

オウンドメディアの役割とは

オウンドメディアとは、企業が独自に所有・運用するコンテンツプラットフォームのことを指します。ここでは、実際にオウンドメディアが企業にどのような利益をもたらすのか、具体的な役割について解説します。

商品・サービスの認知を広めてくれる

オウンドメディアを運用する最大の利点は、自社の商品やサービスの認知度を高められる点にあります。

一般的な広告とは大きな違いがあり、オウンドメディアは継続的に情報発信ができるため、多くのユーザーへ商品・サービスの特徴や魅力、メリットを効果的に伝えることが可能です。

例えば、新製品の特徴や使用方法を記事や動画で詳しく解説することで、ターゲット層の関心を引きつけ、購入につなげることが期待できます。

ユーザーの関心度を高めてくれる

オウンドメディアは、ユーザーの関心度を高めてくれる点も魅力です。

単なる商品紹介だけでなく、業界の最新情報やユーザーが抱える悩みの解決策など、価値ある情報を提供する場としても利用されます。このような情報提供を通じて、ユーザーとの信頼関係を築き上げることが可能です。

関心を持ったユーザーが再度オウンドメディアを訪れることで、ユーザーの関心度やブランドへの愛着が高まります。

ファンの獲得につながる

オウンドメディアの適切な運用により、一時的な顧客ではなく、ブランドのファンを獲得できます。ファンとは、ブランドや商品に対する強い愛着を持つユーザーのことです。

ファンは自らのSNSで企業の情報をシェアしたり、新商品やサービスの情報を求めてオウンドメディアを定期的に訪問したりする傾向があります。

このようなファンを増やすことは、長期的な売上向上やブランドイメージの向上につながるでしょう。

オウンドメディアを立ち上げるときのポイント

オウンドメディアの立ち上げは、ビジネス拡大やブランドの価値向上に大いに影響します。しかし、適切な準備や手順がないと、そのポテンシャルを十分に活かすことが難しいことも。

以下では、オウンドメディアを立ち上げる際に絶対に外せないポイントを3つ、詳細に解説していきます。

オウンドメディアを立ち上げる必要性を考える

オウンドメディアを立ち上げる前に、その必要性や目的を明確に理解することは非常に重要です。

企業のブランディング向上、新商品の情報発信、顧客とのコミュニケーション強化など、さまざまな目的が考えられます。

制作会社に依頼する際も、この目的を明確に伝えることで、より適切な提案やアドバイスが受けられるでしょう。

ターゲットに合ったオウンドメディアを制作する

ターゲットオーディエンスを明確に定義し、消費者のニーズや興味を反映させることが、オウンドメディア運用の成功につながります。

制作会社と連携し、デザインやコンテンツ、ナビゲーション構造など、ターゲットの属性や興味を的確に捉えたメディア構築を心がけましょう。

継続できる体制を構築する

オウンドメディアは、一度立ち上げた後も継続的な運営や改善が必要です。

コンテンツの更新、ユーザーからのフィードバックの収集・反映、SEO対策の見直しなど、さまざまな業務が継続的に発生します。このため、継続できる体制を最初から構築しておくことが重要です。

制作会社との連携はもちろん、内部チームでの役割分担やスケジュール管理も適切に行いましょう。

オウンドメディア立ち上げの具体的な手順

オウンドメディアの立ち上げは、自社のブランドや情報を発信するための重要なツールです。そのための事前準備や、制作会社とのスムーズな連携が重要です。

以下では、制作会社にオウンドメディアの制作を依頼する際の具体的な手順と、その際の注意点を詳しく解説します。

目的・コンセプトを決める

オウンドメディアを立ち上げる際の最初のステップとして、その目的やコンセプトの確定は欠かせません。

オウンドメディアが企業やブランドの顔となるため、その目指す方向性を明確にしておくことは極めて重要です。

商品やサービスの認知度を高めるため、顧客との深い関係を築くため、または特定の情報や知識を共有するためなど、目的は多岐にわたるかもしれませんが、どのような視点でメディアを運営していくのかの指針を明確に定義し、それを基盤に進めていくことが求められます。

ターゲットを設定する

どのようなユーザー層に対して、どんな情報や価値を提供するのか、ターゲットを明確にすることは重要です。

ターゲットの明確化によって、その後のデザインやコンテンツの方向性、さらにはWebサイト全体の構造やナビゲーションなども、ユーザーのニーズや興味に合わせて最適化できるようになります。

ターゲットの特定は、ユーザーの満足度向上と、Webサイトの利用率向上に直結するのです。

制作会社を選定する

社内にノウハウを持つ人材がいない、担当者を用意するほど自社リソースに余裕がないといった場合は、自社に適した制作会社の選定を行い、制作を依頼しましょう。

オウンドメディアの品質は、選定する制作会社の実績や専門性に大きく依存します。そのため、ターゲットやメディアの目的に適した会社を選ぶことが極めて重要です。

制作会社の過去の実績や必要な費用、クライアントの評価、専門分野、マーケティング支援といった提供するサービスの幅など、多角的に情報を収集し、自社のニーズや予算に最も合ったパートナーを選定しましょう。

必要な機能を選択する

ブログ記事の投稿、ユーザーとのインタラクティブなコミュニケーションを可能にする問い合わせフォーム、または会員限定のコンテンツ提供を実現する会員登録機能など、必要とされる機能は多岐にわたります。

これらの機能を的確に選択し、それを制作会社に明示することで、ユーザーの満足度を高めるとともに、サイトの効果的な運営が可能です。

SEOを考慮したサイト設計をする

検索エンジンの視点での最適化は、オウンドメディアの訪問者数や認知度の向上につながります。

SEOを意識したキーワードの選定はもちろん、サイト内の内部リンクの最適化や、ユーザーが求める情報へのアクセス性を高めるサイト構造の設計が不可欠です。

メディアの検索順位を高め、上位表示を達成するためにも、制作会社との綿密な連携を行いましょう。

制作会社にはその実績や専門知識を持ったスタッフが在籍しているため、協力してSEOに強いオウンドメディアの構築を目指し、競合他社との差別化を図ることが可能です。

デザインを決定する

オウンドメディアのデザインは、ブランドのイメージを反映し、同時にターゲットの好みや期待に応えるものでなければなりません。

デザインはユーザーのサイト内での行動や満足度に直接的な影響を与え、第一印象を大きく左右します。

制作会社の提案をもとに、ユーザビリティやアクセシビリティを考慮した、魅力的なデザインの選択を行いましょう。

コンテンツの詳細を決定する

コンテンツはオウンドメディアの心臓部ともいえる部分です。その質や量、更新頻度は、サイトの価値やユーザーのリピート訪問を決定づける要素です。

制作会社との密接な連携のもと、ターゲットの興味やニーズを満たす、高品質かつ魅力的なコンテンツを継続的に提供する計画を策定し、オウンドメディアの成果を最大化させるよう努めましょう。

最終確認と公開

サイト制作の最終段階では、完成したWebサイトを細部まで徹底的にチェックし、ユーザビリティやSEO、デザインの統一性など、すべてが最適化されているかを確認します。

制作会社との最終調整を行い、必要な修正やブラッシュアップを実施したうえで、準備が整ったらオウンドメディアを公開し、ターゲットとの新たなコミュニケーションのスタートを切りましょう。

オウンドメディア立ち上げで制作会社を選ぶときのコツ

オウンドメディアの立ち上げを成功させるためには、ただ制作会社に依頼するだけでは十分ではありません。

ここでは、事前に押さえておくべきポイントとは何なのか、オウンドメディア立ち上げのコツについて詳しく解説していきます。

SEOを深く理解しているか

オウンドメディアの成功につながる最も重要な要素は、検索エンジン最適化、いわゆるSEOです。SEOは、SNSや広告とは異なり、継続的な流入を得るための重要な手段となります。

一時的な流入は広告などでも得られますが、その後の継続的な流入はSEOによってのみ確保することが可能です。そのため、最新のSEOの動向をしっかりとキャッチし、それを施策に取り入れる能力を持った制作会社の選定が不可欠です。

丁寧にヒアリングをしてくれるか

オウンドメディアの制作は、ただ単に情報を発信するだけではありません。自社の目的や業種特有のニーズを理解し、それを反映したメディアを制作することが求められます。

制作会社がしっかりとヒアリングを行い、それをもとに適切なアドバイスや提案をしてくれるかどうかは、オウンドメディアの質を大きく左右します。

初回の打ち合わせでは、業種の特性や目的をしっかりと共有し、制作会社がそれをどれだけ汲み取ってくれるかを確認しましょう。

制作・運用実績はあるか

制作会社を選ぶ際の大きな判断基準の1つが、その実績です。多くのオウンドメディアを制作・運用してきた経験は、その制作会社が信頼できる証ともいえます。

公式サイト上での情報だけでなく、詳細な事例や導入実績を確認することで、その制作会社がどのようなオウンドメディアを制作してきたのか、どのような成果を上げてきたのかが明らかになります。

事例をもとに、自社のニーズとのマッチングを確認し、最適なパートナーを見つける手助けとしましょう。

オウンドメディア立ち上げ後に重要なこと

オウンドメディアを立ち上げる際、事前準備や制作会社の選定が重要なポイントとなりますが、それだけでは成功とはいえません。

立ち上げ後の運営や管理が、そのメディアの成果を大きく左右します。ここでは、オウンドメディアを立ち上げた後に特に重要となるポイントを詳しく解説します。

定期的に効果測定を実施する

オウンドメディアの成功を持続させるためには、定期的な効果測定が欠かせません。

特に、アクセス数や滞在時間、コンバージョン率などのKPI(重要業績評価指標)をしっかりと把握することで、運営上の課題や改善点を明確にできます。

また、SEOの視点からも、Google AnalyticsやSearch Consoleのデータを分析し、検索流入の状況やキーワードの動向をチェックすることが重要です。このような定期的な効果測定によって、戦略の見直しや調整を行い、オウンドメディアの品質向上を図りましょう。

有益なコンテンツを高頻度で公開する

オウンドメディアの価値は、そのコンテンツの質と量に大きく依存します。特に、ユーザーが真に求めている有益な情報を提供し、それを高頻度で更新することで、リピート訪問を促し、ブランドの信頼性を高められます。

しかし、高頻度の更新だけを追求して量を増やすのではなく、そのコンテンツがターゲットとする読者にとって役立つものであるかどうかを常に意識することが重要です。

制作会社と連携しながら、質の高いコンテンツプランを策定し、継続的に提供しましょう。

オウンドメディア立ち上げでよくある質問

オウンドメディアの立ち上げを検討する中で、多くの方が抱く疑問や不安を解消すべく、実際によく寄せられる質問に基づいて詳しく解説します。

制作会社に外注する前に、基本的な知識を身につけ、スムーズな運用につなげるためのポイントを押さえておきましょう。

オウンドメディアのKPIは何を設定すればいいの?

オウンドメディアの効果を正確に把握するためには、各運用フェーズに応じたKPIの設定が重要です。各フェーズの目的や状態に合わせて適切なKPIを選定しましょう。

スクロールできます
立ち上げ期運用の基礎を整えるステージです。主要なKPIとしては、基盤整備の進行状況や計画どおりの進捗が挙げられます。
運用初期この段階ではコンテンツ量の拡充を重視。記事の作成数や公開目標数といった指標を中心に設定します。
運用中期(コンテンツ改善前期)PV数やUU数の増加を目指しつつ、各ページの滞在時間や熟読率といったユーザーの行動を深く探るKPIを重視します。
運用後期(コンテンツ改善後期)こちらは成果の具体化を目指すフェーズ。問い合わせ数や商品の購入数、サービスサイトへの集客数など、直接的な成果に関わるKPIを中心に設定します。
各製品の比較

各フェーズでのKPI設定を行うことで、戦略的かつ柔軟な運用を実現できるでしょう。

キーワードはどのような観点で選べばいい?

キーワード選定は、オウンドメディアの成功を左右する要素の1つです。以下のステップに沿って、適切なキーワードの選定を進めていきましょう。

スクロールできます
ターゲットの明確化提供するサービスや商品の主要なターゲットを特定します。
カスタマージャーニーマップの策定ターゲットの行動やニーズをもとに、消費者の購買行動の流れをマッピングします。
コンテンツ指針の設定サービスの効率化や方向性を明確にするためのガイドラインを策定します。
情報の共有指針や方針を編集者やライターと共有し、一貫した内容の制作を促進します。
定期的なフィードバックの実施運用を始めてからも、常に改善のためのフィードバックを続けます。
各製品の比較

キーワードを選ぶ際は、ターゲットが知りたい内容や疑問を解決するものを中心に考えることで、高いエンゲージメントを得ることが可能となります。

価値のあるオウンドメディアを立ち上げよう

オウンドメディアの立ち上げは、単にコンテンツを増やすだけでなく、戦略的な準備と知識が不可欠です。事前に適切なターゲットを設定し、キーワード選定やKPIの明確化を行うことで、真に価値のあるメディアが築けます。

制作会社に依頼する前のインプットは、後の運用の効率性や効果測定の正確さに直結します。本記事を参考に、確固たる基盤を持つオウンドメディアの構築を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次