オウンドメディア運用代行に強い会社とは?サービス内容から費用まで全力解説!

Webマーケティングを推進するにあたって、オウンドメディアの運用は重要な施策のひとつです。しかしオウンドメディアに関する知識が浅かったり、社内のリソースを運用に回せなかったりするケースもあるでしょう。

そのような場合に活用したいのが、オウンドメディア運用代行サービスです。運用代行会社のサポートを利用すれば、メディア運営の効率化が見込めます。

ただし、オウンドメディアの代行をサービスとして掲げている会社は多く、それぞれに専門分野や得意とする支援領域が異なります。

本記事ではオウンドメディア運用代行会社の選び方や、各分野に強い会社を幅広く紹介します。オウンドメディア運用の外注化を検討している企業の担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

オウンドメディア運用代行会社の選び方

数多くあるオウンドメディアの運用代行サービスのなかから、自社に合った会社を選び抜くには、いったいどのような点に注意すればよいのでしょうか。

まず注目すべきは、運用代行会社が得意とする分野です。記事制作や運用を費用をかけ外注化したにもかかわらず、その成果物のクオリティが低く、期待した効果が得られない失敗例が数多く報告されています。

企業の公式ページなどを参照すれば、過去の支援実績や、得意とする分野などが紹介されているはずです。そのような情報を参照しつつ、自社の業界・分野に関する知識があるかについて、チェックすることが大切です。

支援をお願いしたい範囲も事前に検討しておきましょう。単に記事の制作だけでなく、SNSの運用支援やコンサルティングなどを受けたい場合は、それらをサービスとして強化している会社へ依頼する必要があります。

コンテンツSEOに強い代行会社

SEO(検索エンジン最適化)は、コンテンツマーケティングを進めるうえで欠かすことのできない取り組みです。ここではコンテンツSEOを得意とするオウンドメディア運用代行会社を紹介します。

自社コンテンツのSEOを強化し、オウンドメディアをマーケティングの柱として資産化したい企業は、その支援ノウハウを備えた会社を選ぶ必要があります。

株式会社 マネジメント インテリジェント サービス(記事スナイパー)

株式会社 マネジメント インテリジェント サービスは、山口県に拠点を置く、ITプランニング企業。「IT×経営」をコンセプトに掲げ、経営的視点を重視したIT化・DX支援を提供しています。

運営するコンテンツSEOサービス「記事スナイパー」は、専門性の高いメディア運用支援サービス。プロライターが執筆を担う記事は、その専門性はもちろん、SEOに対しても大きな効果を発揮します。

1文字6.8 円~という金額設定は、格安サービスと比較すると、安い価格設定ではありませんが、成果物のクオリティは高く、本気でコンテンツマーケティングを強化したい企業にとって貴重な武器となるでしょう。

スクロールできます
会社名株式会社 マネジメント インテリジェント サービス
本社所在地〒753-0079 山口県山口市糸米一丁目1-21-1
設立2022年5月
代表者名松村 昌典
電話番号083-976-8448
料金体系1文字 6.8 円~
実績大規模サイトなど運用支援実績多数
Google検索順位1位獲得50%以上、10位以内獲得70%以上
関連URLhttps://mis-jp.net/
https://kiji-sniper.com/(記事スナイパー)
各製品の比較

CROCO株式会社

CROCO株式会社は東京・渋谷に本社をかまえるコンテンツ制作会社。制作物へのSEO対策も手厚く、大手メーカーを含むさまざまな業界へ支援を行ってきました。

50万人もの登録者がいる、編集者・ライター専用の業務委託サイト「EDILENT」を運営しており、専門性の高い記事制作が可能。SEOサポートツールも提供するなど、SEO効果の高いオウンドメディアの構築・運用を得意としています。

制作できる記事は、ジャンルが幅広いだけでなく、取材やインタビューなどあらゆる形式に対応。コンテンツ制作に関することなら一括して任せることができます。

スクロールできます
会社名CROCO株式会社
本社所在地〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-33-10 トーシンビル6階
設立2015年3月
代表者名栗田 佳典
電話番号03-4405-9235
料金体系コラム・マガジン記事制作:30,000円~
取材・インタビュー:50,000円~
ホワイトペーパー作成:100,000円~
実績記事制作実績100万件以上
関連URLhttps://cro-co.co.jp/
各製品の比較

株式会社ルーシー

株式会社ルーシーは、月間20万超のPV数を誇るメディアブログ「バズ部」を運営する、コンテンツ制作・運用代行会社。SEOに関する徹底したノウハウを蓄積しているため、記事制作からメディア運用まで、成果につながるハイレベルな支援が期待できます。

バズ部式マーケティング研修の実施や、高品質ライティングツール「Pencii」の提供など、各企業のリソースや目的に応じたサービスが提供できます。

メディア運営やSEOに関する知識を深めつつ、運用効率も重視したい企業は、ぜひ支援を検討してみてはいかがでしょうか。

スクロールできます
会社名株式会社ルーシー
本社所在地〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル11階
設立2012年5月
代表者名丸山 勲
電話番号03-3502-2577
料金体系(バズ部式)165万円~
※コンテンツマーケティング支援サービスについては問い合わせ
実績支援実績累計200社以上(コンテンツマーケティング支援サービス)
関連URLhttps://lucy.ne.jp/
https://lucy.ne.jp/bazubu/consulting(バズ部)
各製品の比較

Appmart株式会社

Appmart株式会社は、東京・千代田区に本社を置く、ホームページ制作会社。ホームページ以外にも、オウンドメディアやWebコンテンツの制作など、コンテンツマーケティング全般に豊富な支援実績を持っています。

コンテンツマーケティング支援の精度も高く、綿密な分析・調査にもとづく効果的な対策を実施。単に記事を制作するだけでなく、ユーザーからの支持が得られるサイト作りも重要視しています。

あらゆる業種・分野に対応可能で、企画・実装・運営まで高いノウハウを持っているため、それぞれの企業の状況に応じたサポートを依頼できます。

スクロールできます
会社名Appmart株式会社
本社所在地〒102-0073東京都千代田区九段北1-9-16 九段KAビル5F
設立2014年11月
代表者名松田 慶司郎
電話番号03-6910-0975
料金体系SEOコンテンツ:60,000円~/10記事~
取材型コンテンツ:80,000円~/1記事~
記事LP:200,000円~
ホワイトペーパー:250,000円~
実績コンテンツマーケティングの支援実績多数
関連URLhttps://appmart.co.jp/
各製品の比較

株式会社セルリア

株式会社セルリアは東京・新宿に本社を置くWeb制作・コンサルティング会社。オウンドメディアの企画から実装、改善まで広く対応しているため、クライアントのリソースや目的に応じた、きめ細やかな支援が期待できます

Webコンテンツの制作・運用はもちろん、SEOの強化や、SNS、Web広告など、さまざまな施策に対応。複数の媒体を組み合わせ、それぞれのクライアントに適した効果的な戦略策定が可能です。

企業の規模や業種問わず、専門性、実現性の高いオウンドメディア運用を依頼できます。

スクロールできます
会社名株式会社セルリア
本社所在地〒160-0022東京都新宿区新宿6-28-8 ラ・ベルティ新宿10階
設立2016年1月
代表者名佐藤 靖将
電話番号03-6265-9225
料金体系要問合せ
実績大規模サイトなど運用支援実績多数
関連URLhttps://selrea.jp/company/
各製品の比較

コンサルティングを主軸とする代行会社

ここからはコンサルティングを主軸とする、オウンドメディア運用代行会社を紹介します。

オウンドメディアで成果を上げるには、コンテンツ制作後の分析や改善が欠かせません。豊富なノウハウを持ち併せた会社のコンサルティングを受ければ、対策精度をより高めることができます。

アイオイクス株式会社

アイオイクス株式会社は、2002年の設立以来、日本のSEOを牽引してきた会社です。自社メディア「SEO Japan」では、SEOにまつわる最新情報を数多く発信してきました。

そんなアイオイクスは、ハイレベルなWebコンサルティングサービスも展開。アクセス数などの数値的結果ではなく、あくまでコンバージョン改善を軸とした、本格的な伴走支援を提供しています。

高品質な記事制作と、精度の高いコンサルティングで、企業のコンテンツマーケティングを強力にサポートします。

スクロールできます
会社名アイオイクス株式会社
本社所在地〒150-0013東京都渋谷区恵比寿3-46-3
設立2002年2月
代表者名滝田 伴則
電話番号03-6408-2870
料金体系要問合せ
実績SEO・Webコンサルティング支援実績 数百社
関連URLhttps://www.ioix.com/
https://www.seojapan.com/
各製品の比較

株式会社LIG 

株式会社LIGは東京・台東区に本社を構えるホームページ・コンテンツ制作会社。

自社メディア「LIGブログ」にて豊富なコンテンツSEOのノウハウを公開するほか、多数のWebデザインアワードを受賞するなど、サイト制作、運用のすべてのフェーズにおいて、非常に高品質なサービスを提供しています。

コンテンツ制作はもちろん、サイトやメディアのSEOコンサルティングも強力にサポート。各企業の課題を綿密に分析し、サイト戦略から実装まで一気通貫で依頼することができます。

スクロールできます
会社名株式会社LIG
本社所在地〒111-0056東京都台東区小島2-20-11
設立2007年6月
代表者名大山 智弘
電話番号03-6240-1253
料金体系メディアコンサルティング:50万円/6ヶ月〜
実績500以上のWebサイト制作実績・Webデザインアワード多数受賞
関連URLhttps://liginc.co.jp/
https://liginc.co.jp/solutions/digital-marketing/media-consulting
各製品の比較

株式会社ニュートラルワークス

株式会社ニュートラルワークスは神奈川茅ケ崎市に拠点を構えるSEO支援会社。SEO対策のほかにも、Webサイトの制作や、メルマガ、SNS、YouTubeの運用代行なども行っています。

経験豊富なディレクター、ライターが校正や執筆を担当するほか、コンサルティングも行っているため、成果につながるオウンドメディア運用が狙えます。取引した企業は3,000社を超え、大手企業の支援実績も持つなど、手厚いサポートが期待できる、デジタルマーケティングカンパニーです。

スクロールできます
会社名株式会社ニュートラルワークス
本社所在地〒253-0021神奈川県茅ヶ崎市浜竹1-11-56
設立2016年12月
代表者名三木 五月
電話番号0467-37-5958
料金体系SEOコンサルティング:月額30万円~
実績3,000社以上の支援実績
関連URLhttps://n-works.link/
各製品の比較

株式会社MOLTS

株式会社MOLTSは東京・目黒に拠点を構える、デジタルマーケティングカンパニー。2023年9月には、新子会社『THE MOLTS』を創業し、経営体制を改め新たなスタートを切りました。

SEO対策やコンテンツマーケティングに豊富なノウハウを持っており、サポート体制は利用者から高い評価を獲得。そのほかにもオウンドメディアやリスティング広告、SNS広告など幅広い支援を提供しています。

オウンドメディア運用への知識が浅い場合や、現状の対策で思うような成果が得られないような企業にも、プロの目線から総合的な支援を行っています。

スクロールできます
会社名株式会社THE MOLTS
本社所在地〒152-0032東京都目黒区平町2-13-5
設立2023年7月
代表者名寺倉 大史
電話番号電話番号記載なし(問い合わせ:https://moltsinc.co.jp/contact/)
料金体系アドバイザー支援:月額10万円~
SEOコンサルティング:月額50万円~
実績クライアント累計約500社、参画プロジェクト750以上、売上創出4,000億円以上
関連URLhttps://moltsinc.co.jp/
各製品の比較

株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-Bは大阪と東京に本社を構えるSEO支援会社。SEO対策以外にも、Web広告やWebサイト構築など、さまざまな事業を展開しています。

コンテンツ制作・運用と同時に、コンサルティングにも注力しており、戦略設計からスケジュール策定まで、顧客との伴走体制を築きながらサポートを行っています。

自社で独自開発した順位取得ツール「OLIVE」を活用し、課題に対し都度対策案を提案してくれるなど、SEOに関する悩みを相談しながら進められる点も安心感があります。

スクロールできます
会社名株式会社PLAN-B
本社所在地大阪本社
〒550-0013 大阪市西区新町 1-28-3 四ツ橋グランスクエア6F
東京本社
〒106-6033 東京都港区六本木 1-6-1 泉ガーデンタワー33F
設立2003年10月
代表者名鳥居本 真徳
電話番号大阪本社:06-6578-5558
東京本社:03-5114-7888
料金体系SEOコンサルティングサービス:月額30万円~
実績マーケティング支援実績4,000社以上
関連URLhttps://www.plan-b.co.jp/
各製品の比較

コンテンツ企画・制作代行を行う会社

オウンドメディアの運用代行会社は、コンテンツの制作事業も行っている場合が多いです。

ここでは、コンテンツ企画・制作代行に独自のノウハウを持った会社をピックアップして紹介します。

株式会社サクラサクマーケティング

株式会社サクラサクマーケティングは東京・渋谷に本社を構えるSEOコンサルティング会社の老舗というべき存在。SEOの専門家が多数在籍し、クライアントのサイトの分析から戦略提案まで、信頼のおけるコンサルティングを提供しています。

そんなサクラサクマーケティングは豊富なノウハウにもとづく、良質な記事の制作代行サービスも展開しています。

コンテンツ制作にあたっては、コンサルタントとディレクターが、クライアントの要望をしっかりヒアリングしてくれるので、継続的なコンテンツの拡充・改善が可能。大きな成果につながる、資産としてのオウンドメディアの構築が図れます。

スクロールできます
会社名サクラサクマーケティング株式会社
本社所在地〒150-0002東京都渋谷区渋谷3丁目1番9号 YAZAWAビル3階
設立2005年8月
代表者名林 亨
電話番号03-5776-2775
料金体系累計コンテンツ・記事制作数22,000以上
実績基本サービス料金:1記事60,000円~/3000文字~
関連URLhttps://www.sakurasaku-marketing.co.jp/
各製品の比較

株式会社ライトアップ

2002年に東京・渋谷で創業した、株式会社ライトアップ。SNSの運用に強みを持つほか、メルマガ運営などのメールマーケティングにも豊富な支援実績を誇ります。

そんなライトアップの社名は「Write=書く」が語源なだけあり、Webコンテンツの企画・制作にも多くの実績を持っています。コンテンツ制作には、社内ディレクターの監修だけでなく、外部の専門家も連携。法律、FP、薬事関連など、専門性の高い分野でも正確性の高い執筆が可能です。

記事だけでなく、取材、撮影、学術的根拠のある心理診断コンテンツといった幅広い領域で、クライアントのコンテンツマーケティングを支援しています。

スクロールできます
会社名株式会社ライトアップ
本社所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
設立2002年4月
代表者名白石 崇
電話番号03-5784-0702(Webマーケティング・コンテンツ制作)
料金体系要問合せ
実績メルマガ制作、コンテンツ制作、SNS運用代行など事例多数
関連URLhttps://www.writeup.jp/
https://www.biz4.jp/(Webマーケティング・コンテンツ制作)
各製品の比較

有限会社ノオト

有限会社ノオトは東京・品川にあるコンテンツ制作・メディア運営会社。Webコンテンツだけでなく、書籍やフリーマガジンなど、紙面媒体の編集・制作も行っています。

さまざまな情報が飛び交う現代にあって「情報を正しく伝える」ことを目的に、媒体を問わず、高品質なコンテンツ制作を行っています。企画、編集、運営サポートまで、あらゆる工程に対応可能。

クライアントのリソースやニーズ、目的に合わせて、きめ細やかな支援を提供しています。

スクロールできます
会社名有限会社ノオト
本社所在地〒141-0031東京都品川区西五反田1-13-7マルキビル5F
設立2004年7月
代表者名宮脇 淳
電話番号記載なし
(問い合わせはhttps://www.note.fm/contact/)
料金体系料金目安:オウンドメディアコンテンツ制作
(記事4000字を月間約10本):250万円
実績コンテンツ制作・ソーシャルメディア運営実績多数
関連URLhttps://www.note.fm/
各製品の比較

オウンドメディア運用代行のメリット

オウンドメディアは、専門的な知識がなくても、運用自体は自社で行うことが可能です。しかしながら、運用代行会社に依頼すると、自社運用では得られないようなメリットを感じられることも少なくありません。

ここではオウンドメディア運用代行を利用するメリットについて解説します。

専門的な知識と経験の活用

オウンドメディア運用を代行会社に依頼すれば、専門的な知識、成功事例などの経験を、自社のメディア運営に反映させることができます。

コンテンツの上位表示を図るSEOや、企業イメージを高めるブランディング効果など、経験がないと具現化できない対策も盛り込んでもらえるはずです。また、コンテンツの改善に要する時間も大きく短縮できるでしょう。

メディア運営において「何をしたらよいのか分からない」という企業はもちろん、自社のノウハウだけで行き詰まっている場合にも、よい突破口を与えてくれるかもしれません。

効果的なコンテンツ戦略の策定

コンテンツに関わる専門家の知見を、戦略として導入できる点も大きなメリットです。

定評のある運用代行会社はいずれも、コンテンツマーケティングに関する広範なノウハウを持っています。それは自社運用では気づけない戦略案や、改善スキルといってもよいでしょう。

自社にコンテンツ運用のノウハウがない場合や、スピード感を持ってオウンドメディアを育てたい企業は、まず運用代行会社に依頼し、スキルを学ぶのも有効でしょう。

集客・マーケティングの改善

オウンドメディアの運用を代行業者に依頼すれば、集客やマーケティングに関しても効果的な支援を得られるでしょう。

内容にこだわったコンテンツを作成しても、集客策が施されていないとユーザーに届かず、メディアのよさが最大限発揮されないこともあります。

そのような際に代行会社のスキルを借り、ユーザーを呼び込むマーケティング施策を加えれば、よりオウンドメディアの効果を活かすことができます。こういった施策は運用会社のような蓄積したノウハウがない限り、自社のみで対策するのは難しいでしょう。

コア業務に専念できる

クライアント側がコア業務に専念できるという点も、運用代行会社にオウンドメディアの管理を任せる大きなメリットといえます。

コンテンツマーケティングはとても有意義な集客策ではありますが、それが大きな効果を発揮するまでには一定の時間と手間がかかるケースも多く、そこまで社内のリソースを割けないという企業も多いでしょう。

そのような際に、運用代行会社へメディア運営を任せれば、ハイレベルな管理状況を維持しつつ、社内のリソースはコア業務に専念が可能。さらなる商品・サービスの改善に向き合うことができます。

オウンドメディア運用代行会社の主なサービス

オウンドメディアの運用を代行会社に依頼した場合、実際どのようなプロセスで、施策を実施するのでしょうか。

ここではオウンドメディア運用代行会社の主なサービス内容について、その流れを追いながら解説します。

戦略立案

オウンドメディアの運用は闇雲に行うものではなく、決まった戦略にもとづいて推進されるものです。そのため運用代行会社も、まずクライアントのメディア戦略立案を行います。

メディア運営の目的は何で、どの層をターゲットに、どういった改善を狙うのか。そのような計画が定まっていることで、メディア運営の成果や課題が明らかになります。チームの意思疎通を図るためにも、明確な戦略や目標数値は必要でしょう。

そして、目標設定にしても、効果見込みにしても、メディア運営に関するノウハウを持ちあわせていないと、策定することすら難しいでしょう。

そのような際に知識豊富な運用代行会社へ依頼すれば、メディアの目指すところや、運用の方向性も定めやすくなります。

オウンドメディアの構築

戦略立案が完成した後は、計画にのっとってオウンドメディアの構築が行われます。記事の制作にあたっては、編集が容易なWordPressがCMS(コンテンツマネジメントシステム)として導入されるケースが多いでしょう。WordPressなら、基本的な操作さえできれば、さほど高度な知識がなくても自社で管理が行えます。

ただし、企業のブランディングにも関わるサイトのデザインや機能の追加に関しては、運用代行会社に依頼した方が、完成度の高い設定を行うことできるでしょう。

また、メディアのマーケティングの効果も、専門知識のある運用会社の戦略を取り入れた方が、高まる場合が多いです。

コンテンツ制作 

オウンドメディアの仕組みが構築されたあとは、コンテンツの制作が行われます。コンテンツはオウンドメディアの主幹となる大切な要素。多くのユーザーがコンテンツを見るために、オウンドメディアを訪れることとなります。

運用代行会社へコンテンツ制作を依頼すれば、正確なキーワード選定や構成作成など、ハイレベルなコンテンツ制作が行えるほか、社内で工数を捻出する必要もありません。

ただしコンテンツ制作を外部へ依頼する際は、自社の求めるレベルの記事が納品してもらえるか、実績や口コミなどを通して、確認しておく必要があります。

分析と改善

オウンドメディアは制作しただけでは、精度は高まっていきません。運用会社に依頼すれば、施策のデータ分析や、課題の解決策を提案してくれるでしょう。

自社のみでメディアの制作・運営を行っていると、記事を投稿することやコンテンツの数を増やすことばかりがゴールとなってしまい、メディアが正当な成果を上げているか、目標達成に結びついているか、といった点まで検証できなくなる場合が多いです。

そのような際に、専門家のスキルも借りながら、現状の課題をクリアにし、軌道修正を加えながらメディアを進化させていけば、より大きな成果を得ることが可能になります。

運用会社による分析と改善を活用することは、オウンドメディア全体の精度を高めることにもつながるのです。

オウンドメディアの運用代行費用の相場

オウンドメディアの運用を代行会社に依頼するメリットは多いですが、費用がかかるという点はデメリットでもあります。

ここでは高い費用対効果を得るために、オウンドメディアの運用代行費用の相場について解説します。

記事作成の料金の目安は1本5万円前後

コンテンツマーケティングの重要な要素となる記事の制作費用は、1本あたりおおよそ5万円前後と考えておきましょう。

ただし記事の単価や依頼する会社によって大きな開きがあります。一部の格安を売りとしている会社では、もっと低い相場で記事が制作できるかもしれませんが、文章の品質や精度については、高いレベルは期待できません。

また、執筆以外に写真・動画撮影が必要な場合や、取材やインタビューなどを伴う際は、より多くの費用が必要となります。

記事制作に関わる費用を策定する際は、文字数にもよりますが、1記事5万円を目安としつつ、求めるレベルや記事の内容、要望事項などを想定して予算を組むとよいでしょう。

なお記事の執筆に関しては、クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシングサービスでフリーランスのライターと契約し、都度仕事を発注する方法もあります。

オウンドメディアの作成費用の相場 

オウンドメディアを新規に立ち上げる場合、必要となる費用は、作りたいメディアの規模や目的によって異なります。

とにかくコストをかけず、小規模でよいから気軽にオウンドメディアを作りたい場合、極端に言えば無料〜数千円で制作することも不可能ではありません。ただし、一定レベルの集客や収益を見込んだ、魅力的なオウンドメディア作成を依頼するのであれば、最大20万円ほどの予算は想定しておいた方がよいでしょう。

また、自社の個性を打ち出したオリジナルデザインを依頼する場合は、数十万円〜100万円ほど、大きな集客効果を狙った大規模なメディアを立ち上げたいのであれば、100万円〜300万円ほどは、費用として用意しておきましょう。稼動中のメディアの大規模リニューアルとなると、300万円以上の費用がかかる可能性もあります。

上記はいずれも初期費用で、運用には別途費用が必要となります。オウンドメディアを立ち上げる際は、制作会社へ資料請求や見積もりを依頼し、事前に運用するためのコストを把握しておくことが大切です。

オウンドメディアに使える補助金・助成金 

一定の費用がかかるオウンドメディア運用ですが、補助金や助成金を利用できるケースも把握しておきましょう。

国が実施している「IT導入助成金」は、中小企業・小規模事業者などを対象とした、IT技術導入に対する助成金。WordPressなどのCMS導入や各種ツールの利用に活用できる場合があります。

また、常時雇用の従業員が20人以下の小規模事業者は「小規模事業者持続補助金」を受け取れることも。記事制作を外部へ依頼する際などに活用できるかもしれません。

そのほか、各地方自治体が実施している補助金についても、確認することをおすすめします。

運用代行で効果的なオウンドメディア運用を手に入れよう

本記事では、オウンドメディアの運用代行に強い会社や、サービスの内容、必要となる費用などについて詳しく解説しました。

オウンドメディアを適切に運用すれば、大きな集客効果が期待できます。ただし、メディアの効果を最適化するのは簡単なことではなく、課題の把握や改善策の策定など、実直な作業が欠かせません。専門的な知識が必要となることもあるでしょう。

代行会社へオウンドメディアの運用を依頼すれば、社内リソースの不足を補いながら、より効果的なオウンドメディア活用が行えるはずです。

「オウンドメディア運用をスタートしたいけれど、何からはじめたらよいか分からない」「稼動中のオウンドメディアをもっと進歩させたい」という企業は、ぜひオウンドメディア運用代行会社への相談をご検討ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次