【記事作成代行】質の高い記事は外注でも手に入る?後悔しない代行会社の選び方

コンテンツマーケティングで成果を上げるために欠かせないのが、良質な記事を執筆することです。しかし社内に執筆に関するノウハウがない場合、記事を作成すること自体が、大きな負担になってしまうことがあります。

また、時間をかけて作成した記事が思うような成果につながらず、どのような対策を講じてよいのか、悩んでいる担当者の方もいるのではないでしょうか。

そのようなときに利用を検討したいのが、記事作成の代行会社です。

記事制作代行会社は、コンテンツマーケティングに関わる豊富なノウハウを持ちあわせているので、単に記事を増やすこと以上の成果を得られるかもしれません。

本記事では、記事作成代行会社を利用するメリットやデメリット、定評のある記事作成代行業者などについて詳しく解説します。

目次

記事作成代行で高品質な記事ができあがるまでの流れ

まずは記事作成代行会社へ記事の執筆を依頼した場合に、どのような流れで制作が進められるかについて解説します。

この工程を把握していることで、自社で記事を制作する場合や、代行会社へコンテンツマーケティングについて相談する際に、たいへん役立つでしょう。

記事制作は主に、キーワード選定、ユーザーニーズの把握、ペルソナ調査、競合分析などの企画提案の工程を経て、見出しの作成、執筆へと進みます。

また、執筆が完了したら終わりではなく、コピペのチェックや校正校閲など、記事の品質をチェックし、不備を修正する工程も欠かせません。それぞれの工程について見ていきましょう。

対策キーワードの選定

記事制作のはじめの一歩として、対策キーワードの選定が行われます。キーワード選びは記事の方向性を決めるうえで非常に重要な工程です。

当然、多くのユーザーに届く内容を考える必要がありますが、逆に強力な競合が存在するキーワードでは成果が上がりにくいこともあります。

ユーザーニーズの調査

記事の制作にあたっては、ユーザーに今どのようなニーズがあり、どのような情報が求められているかなどの点を調査する必要があります。

現状求められている内容で記事を作成すれば、SEO効果も高まり、より多くのユーザーから、PV数を集められるかもしれません。

ユーザーニーズの調査では、アンケートや口コミの情報を収集するばかりでなく、Google Search Cosoleなどのツールを正しく使いこなすスキルも求められます。

検索ユーザー像(ペルソナ)を設定

見出しの作成や、執筆にとりかかる前に、これから制作する記事をどのような人が読むのか、検索ユーザー像を設定する必要があります。

年齢や性別、職業やライフスタイルなど、具体的にどのようなユーザーが、何を求めて記事にたどり着くのかを想定しておかなければいけません。

検索ユーザーをより具体的に、実際に存在する人のように想定したモデルを「ペルソナ」と呼びます。

ペルソナを意識した制作を進めることで、より現実的なアイディアを記事内に盛り込むことができます。

競合記事の調査と分析

決定したキーワードで検索をすると、すでにアップされている競合記事が表示されるでしょう。新たにコンテンツを制作する場合、そのような競合記事の調査と分析も、綿密に行う必要があります。

これから制作する記事がどのような記事と競合することになるのか、SEOにおける勝ち目はどれほどかなどの戦略面での分析も必要です

あるいは、記事の内容に不足はないか、競合記事よりも踏み込んだ内容を盛り込めているかなど、競合記事の調査、分析を進めることで、より記事の精度やオリジナリティを高められます。

検索意図の明確化と記事の方向性を決定

記事を執筆する前に、ペルソナとなるユーザーが何を意図して検索しているかを考え、求める答えがどのようなものかを明確にする必要があります。

ユーザーの検索意図が正しく理解できれば、記事の方向性もおのずと定まり、ユーザーに必要とされる精度の高い記事が書けるようになるでしょう。

見出し案の作成

ペルソナや、検索意図が明確化できたら、具体的な見出し案の作成を行います。

見出し案は記事の流れや内容を決定づけるものです。必要となる情報を網羅しているか、メディア独自の内容を含んでいるかなど、記事の完成度を意識しながら作成する必要があります。

なお、見出し案の作成の時点で、ライターにどのような内容を記載してほしいか、どのようなキーワードを含めてほしいかなどを記録しておくと、より記事の精度と制作効率が高まるでしょう。

適切な執筆者(ライター)を選定

見出し案の作成を行い、どのような記事を執筆するかが決定したら、それをコンテンツとして具現化できる執筆者(ライター)を選定します。記事の内容によっては、専門的な知識を持ったライターを探す必要もあるでしょう。

なお見出し作成者やディレクターは、ライターに対して内容や記事の方向性を伝達するのはもちろん、メディアの雰囲気や表記に関するルールなど、完成をイメージできる詳細な指示を行う必要があります。

本文の執筆

ライターが正確に記事の方向性を理解できたら、執筆に入ります。なお、Webコンテンツにおいては、文章を書くことだけが執筆の範囲とは限りません。

重要な箇所を強調したり、表を組み込んだり、画像を挿入したりなど、ユーザーにとってわかりやすいコンテンツを作るための作業が含まれる場合もあります。

ディレクターや監修者は、都度ライターの進捗や疑問点に答えながら、成果物の完成形を意識する必要があります。

執筆記事の校正・校閲

記事の執筆が完了したら、ディレクターや監修者は、校正・校閲を行います。

誤字脱字といった基本的なミスを修正するのはもちろん、記事の内容が意図したものになっているか、執筆内容は事実にもとづいているかなど、記事の完成度全体をチェックしなければいけません。

この段階で校了とした文章が、直接的に読者に届くものとなるため、監修者・ディレクターは細かな点までチェックする必要があります。

コピペチェック

ライターが執筆した記事をチェックするうえで欠かせないのが、コピペチェック、つまりコピーコンテンツになっていないかの確認です。

コピーコンテンツは検索エンジンからも厳しい評価を受けるのはもちろん、最悪の場合著作権侵害などの問題に発展する恐れもあります。

意図的にコピペした悪質なケースだけでなく、競合の多いキーワードだと、意図せず内容が似通ってしまうケースなども考えられます。

記事が正当に評価されるために、コピペチェックは欠かせない工程といえます。

納品する 

記事が校正・校閲を経て完成形となったら、納品作業が行われます。

なお、納品の形態は、GoogleドキュメントやWordなど、ドキュメントの状態で行われることもあれば、WordPressなどのCMSへ、直接入稿するケースも見られます。

記事作成の代行を依頼する際は、どのような形で納品してほしいか、代行会社と相談しておく必要があるでしょう。

記事作成代行を外注できる方法

記事の作成を代行してもらう場合、依頼先にはいくつかの選択肢があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自社の求める記事の性質や方向性などと照らし合わせて、適切な選択を行うとよいでしょう。

記事作成の代行会社

まず記事の作成代行の依頼先として挙げられるのが、記事作成専門の代行業者です。

当然、こういった代行業者は、記事の執筆を業務としているため、顧客がどのような成果を求めているか把握している場合が多いです。

また、Web業界の現状について研究しているため、効果的な対策が施せるでしょう。

また、組織としてのSEO対策の知識を持ちあわせていることが多く、一担当者ではできないような、SEOスキルを発揮してくれる可能性もあります。

記事スナイパーは、ターゲット選定からメディアの方向性決定、記事執筆まで、マーケティングに役立つ記事をワンストップで提供します。

記事作成に割けるリソースが少ない方、記事作成に挑戦したけれどうまくいかなかった方、お気軽にご相談ください。貴社のWeb担当者のような存在として、ビジネスの成長を全力でサポートします。

クラウドソーシング型

記事作成の代行を依頼する場合、代行業者を頼るのではなく、クラウドソーシングのサービスを活用し、フリーランスのライターを募るのもひとつの方法です。

「クラウドワークス」など、規模の大きなプラットフォームで新規業務を募集すれば、専門的なジャンルのライティングであっても、対応してくれるライターが見つかるはずです。

ライターによっては、高い技術を有し、クライアントの意図を汲み取った正確性の高い記事を納品してくれる場合もあります。

ただし、なかにはレベルの低いライターも存在し、記事の完成度については、クライアント自身が見極める必要があります。

記事作成代行サービスを活用するメリット

記事作成やメディアの運営は、自社内で完結させることも可能ではあります。しかし記事代行サービスを利用すれば、多くのメリットを得ることができるのも事実。

ここでは記事代行サービスを活用するメリットについて解説します。

質の高い記事作成

記事代行会社は記事制作のプロです。執筆を依頼すれば高品質な記事の作成が期待できるでしょう。

高品質というのは、「読みやすい」「わかりやすい」「詳しい」といった読者目線での良質さだけでなく、SEOの対策がしっかり施されているということでもあります。

効果的なキーワード選定、競合を意識した構成、必要な共起語の網羅など、自社の記事作成では漏れてしまいがちな項目をしっかり押さえ、SEOの面でも質の高い記事の作成が期待できます。

テーマやキーワードに特化した記事作成 

テーマやキーワードに特化した、詳しい記事を量産できるのも代行サービスを利用するメリットでしょう。

社内リソースを活用する場合、どうしてもそのテーマやキーワードは、書き手の知識、得意分野に偏ってしまうことがあるでしょう。

また、調査のうえ執筆したとしても、時間や手間ばかりかかってしまい、迅速な対応ができなくなってしまうケースも少なくありません。

その点代行サービスは、必要なテーマに対し、しっかり調査を行い、必要であれば複数のライターで集中的に該当のテーマ・キーワードの記事を作成できます。この制作への集中度は、代行サービスの大きな強みといえます。

社内の人的リソースが不要

記事作成にあたって、社内の人的リソースが必要ないということは、クライアント側にとって現実的なメリットであることが多いです。

記事作成やメディア運営に関するノウハウがない場合、社内リソースでそれを補うには、大きな労力、長い時間、十分なコストが必要になります。

ただしそれがすぐに捻出できるという企業の方が少ないのではないでしょうか。

記事制作サービスを利用すれば、メディアの構築に関しては業者に任せることができるので、社内の人員はコア業務に集中できるというメリットがあります。

自社で作るよりも安価になる

記事代行サービスの利用にはコストがかかるので、自社で作る方が安いと考える方もいるでしょう。

しかし、実際に自社で制作する場合も、その業務にあたる人員の人件費や、学習のためのコストなど、多くの費用を注ぎ込まざるを得ないのが実状です。

また、せっかく手間をかけて記事を書いたのに、SEO対策が足りず、評価を得られないケースもあるでしょう。

記事代行サービスの利用には、費用こそかかりますが、社内で作る労力と比較した場合、実は安価である場合も少なくありません。

なかには低コストに特化した、格安ライティングサービスも存在します。

特にSEOへの理解が乏しい企業は、無理して自社で制作を行うのではなく、制作会社への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

SEO対策の知識が手に入る 

SEOは今やマーケティングには欠かせない視点です。しかしながら、SEOに関する豊富な経験がないと具体的にSEO対策として何を行ったらよいのか、どのような施策が効果的なのか、分からない場合が多いでしょう。

その点、記事代行会社はSEO対策の専門家。サービスを依頼すれば、同時にSEOの方法や知識を伝授してくれるはずです。

代行会社の進め方を真似るうちに、自然と社内にSEOへの文化が根付いていく、という効果も期待できます。

社内のSEOに関する知識を蓄えるための対策としても、代行サービスの利用は意味のある選択です。

記事更新のサポートがある

記事の作成ばかりが重視され、完成したら放置というケースが多く見られますが、実際はそれは正しい対応ではありません。その点、記事作成代行サービスを利用すれば、一度作成した記事の加筆修正やリライトなど、更新のサポートがあるので安心です。

記事は一度目の作成で、すぐに高いSEO効果が得られるとは限りません。

読者の反応などを見ながら、加筆修正したり、内容を書き直したりする作業が必要となることも少なくありません。

また、データや情報が時間経過とともに古くなり、書き直し(リライト)が必要となるケースも考えられます。

その際、記事作成代行サービスの更新サポートは、記事の精度を上げ、鮮度を保つうえでとても役に立ちます。

コンテンツ戦略の策定サポートがある

コンテンツマーケティングを成功させるには、単に記事を増やせばよいわけではなく、メディアの質と人気を向上させるための、戦略が必要となります。

記事作成代行サービスによっては、単に記事を量産するだけでなく、コンテンツ自体の方向性や戦略について、マーケティングの知見から、助言やサポートを与えてくれることもあります。

コンテンツ戦略の策定サポートを受ければ、将来的に大いに利益に貢献する、資産としてのメディア作成が図れるでしょう。

記事作成代行サービスを利用するデメリット

記事の作成や、マーケティング支援の面で多くの貢献をもたらす記事作成代行サービスですが、利用にあたってはいくつかのデメリットもあります。

ここでは記事作成代行サービスを利用するデメリットについて見てみましょう。

記事作成の予算が必要

記事作成のために費用がかかるという点は、やはりデメリットではあります。一定の規模のメディア構築を狙う場合、事前にコンテンツ作成の予算も考慮しておく必要があるでしょう。

例えばライティングの文字単価2円で、7,000文字の記事を作成した場合、記事単価は14,000円。10記事で14万円、30記事で42万円といった費用感です。

これはあくまでも単純計算で、実際には監修やSEO対策など、ほかにもコストはかかるでしょう。

ただしクオリティの高い記事を作成できれば、メディア自体が多くの顧客を呼び、コスト以上に売上貢献するケースも当然狙えます。

記事作成代行サービスを利用する際は、長期的な目線で、費用を予算化しておく必要があるでしょう。

自社独自の専門性を反映しづらい

記事作成代行サービスを利用する際のデメリットとして、自社独自の専門性を反映しづらいという点が挙げられます。

記事作成において、会社独自のオリジナリティや専門性を盛り込むことは、SEOの観点からもとても意義のあることです。

実際Googleも、検索結果表示の基準となる検索品質評価ガイドラインで、経験・専門性、権威性、信頼性(E-E-A-T)を重視しています。

記事作成代行会社は外部であるため、社内の専門性をコンテンツに反映しづらいケースが見られます。

ただし、しっかりクライアントの声をヒアリングしてくれる業者であれば、会社の専門範囲も理解し、記事に反映させてくれるでしょう。

記事作成代行サービスを選定する際は、自社のオリジナリティを記事に含めてくれるかという点も確認しなければいけません。

記事作成代行サービスを選ぶポイント

記事作成代行サービスを利用する場合、複数社を比較し、品質のよい記事を執筆してくれる会社を選択する必要があります。

ここでは、記事作成代行サービスを選ぶ際のポイントを紹介します。

SEO対策の知見や実績はあるか

記事の上位表示を狙う場合、SEO対策の知見や、実績にもとづく経験値はきわめて重要です。記事作成代行サービスを選ぶ際は、その会社がどれほど深くSEOについてのノウハウを得ているかといった点も確認した方がよいでしょう。

会社によっては過去の成果物や、実際に上位表示を果たした実績などを公開している場合もあります。そのような資料を見比べながら、自社に合う依頼先を選択しましょう。

料金設定は明確か

記事作成代行サービスの利用には、大きなコストが必要となるケースも少なくないため、サービスの料金設定については明確な会社を選びたいものです。

会社によって、サービス料金を明示している場合もありますし、個別の案件ごとに見積もりを出してくれるケースもあります。

いずれにしても、余計なコストがかからないか、不透明な料金設定がされていないかなど、費用に関わる項目も注視した方が賢明です。

事前ヒアリングを十分にしてくれるか

記事を作成する前に、十分なヒアリングを行い、理想の記事の形を考えてくれるような会社は安心感があります。

また、そのような、企業の独自性を込めた記事の方が上位表示されやすく、結果的に会社の利益に貢献します。

しっかりと打ち合わせを行い、クライアントの意向を記事に含めてくれる会社へ記事作成代行を依頼しましょう。

スピーディーに対応してくれるか

記事作成代行会社が、クライアントの質問や要望などに、スピーディーに対応してくれるかという点もチェックした方がよいでしょう。

記事の納品までにかかる日数や、クライアントからの質問や要望に応えてくれるスピード感は、会社によって大きく差があります。きめ細かな対応で、クライアントの意向をすぐに反映してくれる会社がある一方、電話すらまともにつながらないという会社もあるのが実状です。

記事作成代行会社の規模や、組織の形態、柔軟に対応することを公言しているかといったことも意識的にチェックしてみましょう。

口コミや評判など、ユーザーのリアルな声を参照するのも有効です。

記事作成代行サービスの依頼方法と注意点

実際に記事作成代行サービスを利用する際、どのような点に注意を払い、契約を進めればよいのでしょうか。

ここでは記事作成代行サービスの依頼方法や注意点について解説します。

無料相談やお試し作成を確認する 

記事作成代行会社は、ネットの情報だけだと、実際に利用した際の対応や雰囲気などがつかみにくい場合があります。

そのような際、会社が行っている無料相談や、お試し作成などを確認すれば、制作の流れや、会社の雰囲気、担当者の対応力や、自社との相性など、サービスのイメージが手触り感を持って理解できるはずです。

記事作成代行サービスを利用する際は、無料相談やお試し作成を行っていないか確認してみましょう。

自社サイトと担当者の相性は大切 

記事作成代行サービスを決める場合、自社のサイトと作成会社の担当者の相性は、実は注視すべき大切な要素だといえます。

記事作成代行会社にはそれぞれ得意とする分野があり、コンテンツの種類や制作物の雰囲気などには差が見られます。そのため自社の方向性とそぐわない会社へ執筆代行を依頼すると、企業イメージやブランディングにすれ違いが発生し、よいコンテンツが作れなくなる恐れがあります。

記事作成代行の依頼先を決定する前に、会社や担当者が自社サイトに合っているか、しっかり確認する必要があります。

おすすめの記事作成代行サービス7選

ここでは、おすすめの記事作成代行サービスを紹介します。いずれの会社も豊富な支援実績を持っているので安心して執筆を依頼できるでしょう。

執筆担当者も、ハイレベルな選考基準をクリアした、実力のあるライターである場合が多いです。

ただし、それぞれの会社の得意分野や雰囲気、利用感は異なるため、自社に合ったサービスを見極めることが大切です。

株式会社マネジメント インテリジェンス サービス「記事スナイパー」

株式会社マネジメント インテリジェンス サービスは山口県を拠点に、クライアントのさまざまなIT課題へ、解決策を示している企業です。

「IT×経営」をコンセプトに掲げており、IT化においても経営的視点を決して忘れない、成果につながる支援体制が強みです。

マネジメント インテリジェンス サービスが展開するコンテンツSEOサービス「記事スナイパー」は、高度な専門性ときめ細やかなSEO対策で、クライアントのコンテンツ作成・支援を行っています。

自社の記事に品質と効果を求める企業は、ぜひ利用を検討したいサービスです。「資産」としてのコンテンツ構築が期待できます。

スクロールできます
会社名株式会社 マネジメント インテリジェント サービス
本社所在地〒753-0079 山口県山口市糸米一丁目1-21-1
設立2022年5月
代表者名松村 昌典
電話番号083-976-8448
料金体系1文字 6.8 円~
実績大規模サイトなど運用支援実績多数
Google検索順位1位獲得50%以上、10位以内獲得70%以上
関連URLhttps://mis-jp.net/
https://kiji-sniper.com/(記事スナイパー)
各製品の比較

株式会社ウィルゲート「サグーワークス」

株式会社ウィルゲートが展開する「サグーワークス」は、国内最大級の規模を誇る記事制作代行サービス。

クライアントの要望に応じてライトな記事作成から、本格的なコンテンツマーケティングまで、広くカバーできる点が特徴です。

ローコストで早く記事を完成させたい企業向けの「オンライン発注プラン」や、SEOコンサルティングや専門的な支援を含む「オーダーメイドプラン」が設定され、自社の記事作成の意向に即したサービスが選択できます。

会社名
株式会社ウィルゲート
本社所在地
〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38 クローバー南青山3F
設立
2006年6月
代表者名
小島 梨揮
電話番号
03-6869-0631(代表)
料金体系
最低文字単価0.75円〜
実績
ライター数25万人以上
関連URL
https://works.sagooo.com/

CROCO株式会社「Shinobiライティング」

CROCO株式会社が提供する「Shinobiライティング」は、業界ナンバーワンのシェア率を誇る、Webサイト・オウンドメディアの記事作成を専門とする代行サービスです。

50万人以上のライターが登録していて、専門的な分野でも、品質の高い記事作成が依頼できます。

制作のスピードも速いため、短納期で高品質な記事を量産したいようなときは、ぜひ検討したいサービスです。もちろん少数の記事をじっくりと作成したいニーズにも対応可能です。 

スクロールできます
会社名CROCO株式会社
本社所在地〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-33-10 トーシンビル6階
設立2015年3月
代表者名栗田 佳典
電話番号03-4405-9235
料金体系コラム・マガジン記事制作:30,000円~
取材・インタビュー:50,000円~
ホワイトペーパー作成:100,000円~
実績記事制作実績100万件以上
関連URLhttps://cro-co.co.jp/
https://crowd.biz-samurai.com/
各製品の比較

サクラサクマーケティング株式会社「サクラサク流ー記事作成代行サービス」 

サクラサクマーケティング株式会社による「サクラサク流ー記事作成代行サービス」は、有名企業など多数の支援実績を持つ、高品質な記事作成代行サービスです。

制作にあたっては、経験豊富なディレクターが管理を担当。高品質な記事を納品してくれるため、安心して記事作成を依頼できます。

自社にコンテンツ作成やメディア運営のノウハウがない企業は、実績豊富な「サクラサク流ー記事作成代行サービス」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

SEO対策にも豊富なノウハウを持っているので、コンテンツマーケティングのレベル向上が期待できます。

スクロールできます
会社名サクラサクマーケティング株式会社
本社所在地〒150-0002東京都渋谷区渋谷3丁目1番9号 YAZAWAビル3階
設立2005年8月
代表者名林 亨
電話番号03-5776-2775
料金体系累計コンテンツ・記事制作数22,000以上
実績SEOコンサルティング:月額30万円〜
基本サービス料金:1記事60,000円~/3000文字~
関連URLhttps://www.sakurasaku-marketing.co.jp/
各製品の比較

株式会社リファイド「リファイドの記事制作代行」

株式会社リファイドの「リファイドの記事制作代行」は、10年以上の支援実績を誇る記事作成代行サービス。これまで有名企業をはじめ、さまざまなコンテンツ制作支援を展開してきました。

どのような業界でも対応可能で、継続率90%以上など、顧客からも高い支持率を獲得。

「ニュース型記事コンテンツ」と「コラム型記事コンテンツ」を連動させたハイブリッドコンテンツマーケティングは、潜在ユーザー、顕在ユーザー両者の流入を測る独自の施策で、多くの成果を上げています。

スクロールできます
会社名株式会社リファイド
本社所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
設立2009年11月
代表者名小枝諭志
電話番号03-4530-8188
料金体系1記事 数千円〜数万円
実績記事制作代行サービス 継続率90%以上
関連URLhttps://llp.leaf-hide.jp/
各製品の比較

株式会社エイト「エイトの記事制作代行サービス」

「エイトの記事制作代行サービス」は綿密な競合調査などの執筆体制に特徴を持つ、執筆代行サービス。自社メディアでも効果が実証された、高度なSEO対策が魅力です。

記事制作にあたっては、キーワード一つひとつの上位表示記事をチェックし、文字数や情報を調査する徹底ぶり。ライター、ディレクターに加え統括ディレクターを含むチームで、トリプルチェックにて記事の精度を高めます。

契約には柔軟性があり、1本から記事執筆依頼が可能なので、エイトの実力を知りたい方は、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

スクロールできます
会社名株式会社エイト
本社所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿7丁目26-7 ビクセル新宿1F
設立2020年12月
代表者名大野 隼
電話番号0120-193-621
料金体系スタンダード:30,000円
実績複数の自社メディアにおいて多くのKWで上位表示
関連URLhttps://eight-media.co.jp/writing/
各製品の比較

株式会社シンプリック「SEO記事作成サービス」

株式会社シンプリックの「SEO記事作成サービス」は、「ユーザーの検索意図を最大限満たす記事」制作に心血を注ぐ記事作成代行サービス。

15年以上にわたり蓄積してきたSEOスキルもさることながら、クライアントの目標や課題をしっかりヒアリングするなど、安心して制作を任せられる体制が整っています。

抱えるメンバーも実力派揃いで、専門家を含む経験5年以上のライターが300名、経験豊富な編集者30名と連携するなど、充実した支援体制と「熱量」で、クライアントの記事作成にあたります。

スクロールできます
会社名株式会社シンプリック
本社所在地〒150-6090 東京都渋谷区恵比寿4-20-4
恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアB1F
設立2014年3月
代表者名谷口 雅敏
電話番号050-5316-8497
料金体系月間5-10本制作プラン:18,000円~
実績制作記事年間3,000本以上
関連URLhttps://service.simplique.jp/
各製品の比較

おすすめの記事クラウドサービス3選

記事作成代行サービスと並行して検討したいのが、クラウドサービスを利用してライターを採用する方法です。

ここでは、記事作成者が多く登録している、代表的なクラウドサービスを紹介します。

株式会社クラウドワークス「クラウドワークス」

国内最大級のクラウドソーシングサービス、「クラウドワークス」。登録者が多いために、個々のライターのレベル差が大きいといった難点はあるものの、比較的低単価で記事を作成したい場合など、すぐにライターを募集できます。

簡単な記事作成から、専門性の高い記事まで、対応可能なライターが見つかるため、「クラウドサービスを試してみたい」という企業・担当者は、まずクラウドワークスの利用からはじめてみてはいかがでしょうか。

インタビュー記事や取材など、スキルの必要な仕事も、募集すれば対応できるライターから応募があるはずです。

スクロールできます
会社名株式会社クラウドワークス
本社所在地〒150-6006東京都渋谷区恵比寿4-20-3
恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設立2011年11月
代表者名吉田 浩一郎
電話番号03-6450-2926(代表)
料金体系1文字0.5円〜
実績ユーザー数480万人
関連URLhttps://crowdworks.jp/
各製品の比較

ランサーズ株式会社「ランサーズ」

「ランサーズ」も、クラウドワークスと並んで多くのライターの登録者を持つ国内最大級のクラウドソーシングサービスです。初級者から上級者まで、さまざまなライターを探すことができます。

「プロジェクト」として、記事の発注が行えるのはもちろん、ライトな記事や短い文章などを求める場合は、「タスク」形式で執筆者を募ることも可能。このような使いやすさがランサーズの特徴といえます。

運営のサポート体制も整っているため、クラウドサービスの利用に不安がある場合は、ランサーズから利用してみるのもよいでしょう。

スクロールできます
会社名ランサーズ株式会社
本社所在地〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル 9F
設立2008年4月
代表者名秋好 陽介
電話番号電話対応なし
(問い合わせ https://www.lancers.jp/help/support/faq)
料金体系1文字0.5円〜5.0円
実績導入企業 400,000社以上
関連URLhttps://www.lancers.jp/
各製品の比較

株式会社うるる「シュフティ」

株式会社うるるが展開する「シュフティ」はクラウドサービスのなかでも、主婦の登録者が多いことが特徴です。

育児などの理由で、在宅で働く女性が多数登録しており、高度な知識を持ちあわせたライターも活躍しています。

女性の登録者が多いため、女性目線での記事を望むクライアントは要チェックです。記事は単発から募集できるので、ほかのクラウドサービスと使用感やライターの特徴などについて比較してみてもよいでしょう。

スクロールできます
会社名株式会社うるる
本社所在地〒104−0053 東京都中央区晴海3丁目12-1 KDX晴海ビル9F
設立2001年8月
代表者名星 知也
電話番号電話対応なし
(問い合わせhttps://support.shufti.jp/hc/ja/requests/new)
料金体系1文字0.4円〜1円
実績ライティング関連の募集中の仕事約3,000件(2023年9月時点)
関連URLhttps://app.shufti.jp/
各製品の比較

SEOに強い記事作成代行サービスでサイトの成長を最大化させよう 

本記事では、記事作成代行サービスの特徴や、利用する際の注意点などについて解説しました。

コンテンツマーケティングにおいて、SEO対策は欠かすことができませんが、その具体的施策や分析については、経験や専門知識がないと対応しきれないことも多いでしょう。

記事作成代行サービスを利用すれば、記事の完成度を上げられるのはもちろん、SEOの観点からも改善が期待できます。メディア運用に関する有意義な知識を与えてくれるかもしれません。

会社の雰囲気や得意とする分野、料金システムなどは各社異なるため、自社にとって最適な記事作成代行サービスを見つけてください。

記事スナイパーはオウンドメディア構築の経験も豊富。

ただ記事を大量生産するだけではなく、マーケティング分析とSEOの知見をかけ合わせ、ターゲットに「刺さる」オウンドメディアの構築をおこないます。

もちろん、記事執筆のご依頼もお受けしますので、1記事からでもご相談ください。

≫「記事スナイパー」を詳しく見てみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次